FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
ならぬものは ならぬ 21
憂国の心もて

行政手続法に「行政運営における公正の確保と透明性の向上を図る」と明記されている。

行政手続法は、「国民の権利利益の保護」を目的とする法律である。而して、その目的を達成するために、行政運営における「公正の確保と透明性の向上」を目指すされている。行政手続法はさて置いて・・・

民主主義国家と唱えつつも、公の財産の使い方等において、「公正の確保と透明性」がくすんでいることに、行政府も立法府も釈然としないことを認識しながら、最高位に存する者への気遣いがあるのだろうか、一向に正そうとしない日本の長いものには巻かれろとする悪しき慣習が歯痒くてならない。

「加計学園問題」、「森友学園問題」はその最たるものである。政府高官等の蜥蜴の尻尾切りでことを済まそうとする姑息な手段が見え隠れする。正直言って政府高官も堪らないだろう。時の権力者の名前が見え隠れするに及んで、国会議員が息巻いても、司直が踏み込めないもどかしさは分かるけれど、結果的に日本の将来を担う青少年に「無力感」を植え付けることにならないか。不正があったならば、仮令時の為政者であってもこれは正されなくてはならない。「時の風化」というまやかし手法で「一件落着」することは、国民を愚弄する何ものでもない。許されざる所業である。

「加計学園問題」、「森友学園問題」には、その根底に「公金」が使われていることは事実である。この事実を棚上げしての、「無実論」の評論では済まされまい。関係者は正々堂々と事の事実を説明し、己の嫌疑の無いことを証明すれば良いことではないか。国会での議員の数による政治的判断で幕引きすることは、許されないものであり、上程議案についての裁決と違って議員の数による白黒の判断は馴染まない。況してや「内閣不信任案」が否決されたから、半面効果として信任を得たことを意味し、国会で「免罪符」を得たと、首謀者が思っているならば、とんでもない誤謬を犯すことになる。

況や、公権力についている者の不用意な弁明は、何らこれらの疑惑の解決にはならない。ましてや「虎の威を借りた狐」のように、県や市を凌駕したかの如き、加計学園関係者の記者会見などは、視聴していて只々唖然とするばかりであった。「あの不遜な態度こそが、即ち私はどっぷり政治家との癒着がありますと示すものだ」と指摘する者もいた。「貴殿は何様で御座候也」と正直私も感じた。

国民は、今こそ日本に漂う「無力感」に陥らず、憂国の心を持たなければならない。この国の今の現状を容認することは、機に乗じた為政者による専制国家を許すことにならないか。安土桃山や江戸時代ではあるまいに、民主主義国家の理想に程遠い現状を嘆くのは私だけではあるまい。「ならぬものはならぬ」心意気を貫き払拭しなければ、信州須坂で「男子(おのこ)は健男児たれ」と教育を受けた己の信条がすたれる。少年時代に一途に育んで下さった恩師に申し訳がたたない。


小中学校へのエアコン整備について
猛暑は最早偶然ではなくなった

最近の猛暑は、地球規模の現象であって、最早特異なことではなく日常的にこの猛暑を捉える必要がある。
地球温暖化現象が、ここまで進んでしまったことについて、真剣に環境問題に取り組まなくてはならない。

長野県はクーラーの普及率が全国平均より低い。標高(海抜)が高いこともあって、1日の寒暖の差が生じ朝夕は気温が下がる。高原に避暑を求めて訪ねれば、吹き抜ける風は涼を誘い、爽やかな風は都会人の憧れでもあった。然し、これも良き時代の話であって、そもそも善光寺平や、松本盆地の平坦部は、地形上は鍋底みたいな所であり、幼いころより照り返しが強いが、救いはスカッとした暑さであった。信州と言っても最近は日中の温度は35度を超えることもある・・・

このような状況から、最近はこの信州の各市町村の学校でエアコン整備の必要性を訴える機運が湧きあがった・・・
ところで、仮に学校にエアコンを整備したから全て解決とはいかないらしい。登校はまだしも猛暑が猛威を振るっている時刻に、児童や生徒を下校させることによって、帰路の途中で熱中症に陥る危険性も配慮しなければならないことの指摘もある。日没まで学校で待機することなのかもしれない。

自治体が財政的にこれを一斉に叶えることは困難と思料される。そこで私案として、夏休みの取り方の見直しや、夏季間の授業の取り方の見直し、例えば毎日半日授業とする。或いは早朝の涼しい時間に授業を始めることとか、夜間に授業を行う。比較的標高の高い小中学校に疎開して授業を行う。或いは、3階建ての校舎のうち、比較的室内の気温が低い、校舎の1階、2階部分の教室で授業緒を行う等の発想の転換が必要なのかもしれない。

前記のとおり、須坂市は低地から山間部の学校までの標高差は下記に示すように、約260mもあることが分かる。このことも大きな避暑授業のヒントとはならないか。みんなが知恵を出しあって「須坂の宝」たる児童・生徒を守る対策を考えよう。

須坂市立小・中学校の所在地の標高一覧
学 校 名    所在地の標高
豊丘小学校 596M
仁礼小学校 576M
東中学校 536M
高甫小学校 446M
小山小学校 397M
日滝小学校 390M
須坂小学校・須坂支援学校 388M
旭ヶ丘小学校 387M
常盤中学校 385M
森上小学校 369M
墨坂中学校 364M
相森中学校 361M
井上小学校 350M
日野小学校 336M
豊洲小学校 333M

北半球は、日本列島だけではなく、今や猛暑に包まれてマヒ状態である。国を超えて何とかしなければ、人類の生存の危機に絡む問題として、抜本的な解決が子孫のために必要だ。これを怠ると地球の破滅につながりかねない。



御嶽海は強い力士として名を刻め
御嶽海千秋楽を待たず初優勝

大相撲名古屋場所14日目で、関脇・御嶽海は千秋楽を待たずして、栃煌山を寄り切って13勝1敗とし、初優勝を決めた。
将に、信州の県民が、取分け相撲ファンが待ち望んだ快挙でないか。

御嶽海初優勝おめでとう。
関取を支える信州・信濃の県民、郷里の支援者のために、我が母校・東洋大学の同窓生のために、今後も一層の怪我と酒に注意して頑張って欲しい。
大相撲の歴史に名を刻んだ、御嶽海に乾杯だ

嘉風が14日目勝利した。館内は割れんばかりの拍手を嘉風に贈った。一期一会的な嘉風の取り口に心が揺さぶられるのは、私だけではあるまい。嘉風頑張れ !


強い力士と言われる力士になれ!
破ったぞ 中日の壁

長野県が生んだ力士・御嶽海が、「連勝8日目の壁」を、とうとう超えて見せた。
これは彼にとって大きな大きな自信となったに違いない。

連日、館内を沸かす「御嶽海」の応援タオル幕・・・
二桁を叶えて、大きく成長して欲しい。
力士を駄目にするのは、怪我と酒とか・・・

郷里の新聞社、テレビ局は、連日対戦の模様を一面で伝えたり、NHK長野、初め、SBC、テレビ信州、長野朝日放送、長野放送は、夕方のローカルニュースで、挙って今日の一番を取り上げえくれている。県民の大きな関心を、重圧と思わず、真のエールと切替て頑張って欲しい。


渾身の力士
男の花道 嘉風

嘉風どうしたことか
相撲に粘りが無い。
相撲に専念して欲しい