FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
ならぬものは ならぬ 21
憂国の心もて

行政手続法に「行政運営における公正の確保と透明性の向上を図る」と明記されている。

行政手続法は、「国民の権利利益の保護」を目的とする法律である。而して、その目的を達成するために、行政運営における「公正の確保と透明性の向上」を目指すされている。行政手続法はさて置いて・・・

民主主義国家と唱えつつも、公の財産の使い方等において、「公正の確保と透明性」がくすんでいることに、行政府も立法府も釈然としないことを認識しながら、最高位に存する者への気遣いがあるのだろうか、一向に正そうとしない日本の長いものには巻かれろとする悪しき慣習が歯痒くてならない。

「加計学園問題」、「森友学園問題」はその最たるものである。政府高官等の蜥蜴の尻尾切りでことを済まそうとする姑息な手段が見え隠れする。正直言って政府高官も堪らないだろう。時の権力者の名前が見え隠れするに及んで、国会議員が息巻いても、司直が踏み込めないもどかしさは分かるけれど、結果的に日本の将来を担う青少年に「無力感」を植え付けることにならないか。不正があったならば、仮令時の為政者であってもこれは正されなくてはならない。「時の風化」というまやかし手法で「一件落着」することは、国民を愚弄する何ものでもない。許されざる所業である。

「加計学園問題」、「森友学園問題」には、その根底に「公金」が使われていることは事実である。この事実を棚上げしての、「無実論」の評論では済まされまい。関係者は正々堂々と事の事実を説明し、己の嫌疑の無いことを証明すれば良いことではないか。国会での議員の数による政治的判断で幕引きすることは、許されないものであり、上程議案についての裁決と違って議員の数による白黒の判断は馴染まない。況してや「内閣不信任案」が否決されたから、半面効果として信任を得たことを意味し、国会で「免罪符」を得たと、首謀者が思っているならば、とんでもない誤謬を犯すことになる。

況や、公権力についている者の不用意な弁明は、何らこれらの疑惑の解決にはならない。ましてや「虎の威を借りた狐」のように、県や市を凌駕したかの如き、加計学園関係者の記者会見などは、視聴していて只々唖然とするばかりであった。「あの不遜な態度こそが、即ち私はどっぷり政治家との癒着がありますと示すものだ」と指摘する者もいた。「貴殿は何様で御座候也」と正直私も感じた。

国民は、今こそ日本に漂う「無力感」に陥らず、憂国の心を持たなければならない。この国の今の現状を容認することは、機に乗じた為政者による専制国家を許すことにならないか。安土桃山や江戸時代ではあるまいに、民主主義国家の理想に程遠い現状を嘆くのは私だけではあるまい。「ならぬものはならぬ」心意気を貫き払拭しなければ、信州須坂で「男子(おのこ)は健男児たれ」と教育を受けた己の信条がすたれる。少年時代に一途に育んで下さった恩師に申し訳がたたない。


御嶽海は強い力士として名を刻め
御嶽海千秋楽を待たず初優勝

大相撲名古屋場所14日目で、関脇・御嶽海は千秋楽を待たずして、栃煌山を寄り切って13勝1敗とし、初優勝を決めた。
将に、信州の県民が、取分け相撲ファンが待ち望んだ快挙でないか。

御嶽海初優勝おめでとう。
関取を支える信州・信濃の県民、郷里の支援者のために、我が母校・東洋大学の同窓生のために、今後も一層の怪我と酒に注意して頑張って欲しい。
大相撲の歴史に名を刻んだ、御嶽海に乾杯だ

嘉風が14日目勝利した。館内は割れんばかりの拍手を嘉風に贈った。一期一会的な嘉風の取り口に心が揺さぶられるのは、私だけではあるまい。嘉風頑張れ !


強い力士と言われる力士になれ!
破ったぞ 中日の壁

長野県が生んだ力士・御嶽海が、「連勝8日目の壁」を、とうとう超えて見せた。
これは彼にとって大きな大きな自信となったに違いない。

連日、館内を沸かす「御嶽海」の応援タオル幕・・・
二桁を叶えて、大きく成長して欲しい。
力士を駄目にするのは、怪我と酒とか・・・

郷里の新聞社、テレビ局は、連日対戦の模様を一面で伝えたり、NHK長野、初め、SBC、テレビ信州、長野朝日放送、長野放送は、夕方のローカルニュースで、挙って今日の一番を取り上げえくれている。県民の大きな関心を、重圧と思わず、真のエールと切替て頑張って欲しい。


渾身の力士
男の花道 嘉風

嘉風どうしたことか
相撲に粘りが無い。
相撲に専念して欲しい



猛暑の時だけ夏休みとすれば良い
小中学校の夏休みの期間・時機の柔軟的見直し論

近隣の市において、小中学校の冷房整備が進められようとしている。大いに結構なことである。

私の小中学校時代の9年間を思い返すと、正月休み、寒中休み、卒業式以降の春休み、春の農繁休業、夏休み、秋の農繁休業と様々な休みが結構あったように思える。現在は経済体制や第1次産業から第2次産業、3次産業への比率も変わり、寒中休み、春秋の農繁休業も無くなった様であるが、更に正月休みや春休みも短縮して、その分夏休みを長くすることを考えるべきである。

然し、夏休みを一括して長期に取るのではなく、近年の猛暑に関する気象データに基づき、猛暑である波を捉えて、1波、2波、3波、或いは4波の熱波(猛暑)の襲来に合わせて分散して夏休みとする。或いは小中学生に「夏時間」を敷き、夏季期間は1時間早く登校させて午前中のみ授業をして、給食を食べたら午後は休みとする(定時制を布く)。毎日「半ドン」として猛暑を乗り切ることで、信州の朝夕の寒暖の差がある気候の長所を逆手にとる思考を実践すれば、小中学校に冷房整備をする必要はないと考える。その分、真の教育に必要なものに財政を注ぐ。

教育とは人づくりであることからすれば、お金と時間がかかることは承知している。人間は満たされ過ぎた環境で育つとロクな人間に育たない。母校の大先輩である植木等氏が「万葉集」という歌中で「学校の成績あてにはならぬ、夢のある子が宝物」と唄っていたのを思い出します。将にそのとおりと感じる齢(よわい)になりました。

私の「夏休みの期間、時機の柔軟的見直し論」は、決して時代錯誤でもなければ空論ではない。況や「子どもは須坂の宝」である基調を些かも崩したとは思えないと確信しています。