プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
時を忘れて聴き入る曲
名曲は気持ちを蘇えさせてくれる

You Tubeを利用して私は青春時代の名曲を聴く一時が好きだ。
若かりし日々に、プレイヤーでドーナツ盤に針を落として聴いた曲や、ラジオで聴いたものであるが、今となっては唯々懐かしい限りであるが、今耳にすると残念なのことに歌手も発売当時と違って、歳月を経ると唄い方や音質まで変わってしまうもので、これは「型崩れ」であって耳に残っている名曲とは違うと私は拒否をしてしまう。青春時代に聴いたものとは何故か違う!感動が少しも沸いてこないのである・・・

そこで発見したのが、You Tubeで、曲の発売当初の映像を探すことにしている・・・
そこには、若かりし頃聴いた、あの時代のすべてのものが、歌手の当時の歌声によって蘇るように感じる。何かドラえもんの「どこでもドア」が、You Tubeの一面にもあるように思えてならない。

映像がなくても当時のレコード盤の再生で聞くと、歌手自身も若い声で、作曲家の譜面とおりに歌っていて清々しい。当時何故にこの歌が気に入って何べんも聞いたものかの原点がそこにあるからだが、心和む一時(ひととき)である

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:心の持ち方 - ジャンル:心と身体