FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
地方活性化は 雇用の場の確保に尽きる
東京圏は転入超過もペース鈍化記事について


2月1日付の報道に「東京圏は転入超過もペース鈍化」の見出しが打ち出された。全国の三大都市圏のうち東京圏だけが転入が転出を上回る「転入超過」となったあった。

「地方創生」の政策の事業がじわじわとその成果をあらわしつつあるのであろうか、地方の私立大学が公立大学に編成しなおされた結果なのであろうか、地方都市にある企業の雇用状態が拡大されているのであろうか。いずれにしても、地方の若い力が都会に流出するのを何とか阻止しようとする、市町村の心意気が窺えるニュースである。

が、然し依然として地方の人口は、東京都を中心とする「花の東京圏」に流出していることは事実である。地方の青年が都会で青春時代の一時期を過ごすことは、やはりそれなりの果実があると私も思っている。問題は、その果実を如何に郷土のために活用できるかであるが、それなりの活躍できる場を創設するが大きな課題である。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:これからの日本 - ジャンル:政治・経済