FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
自然は偉大な芸術家だ
雪雲とにらめっこ

この時期の北信の空模様をにらめっこするのが頗る面白い。
越中・越後の空は雪雲によって覆い尽くされ、北アルプスも北信五岳(戸隠山、飯綱山、黒姫山、妙高山、斑尾山)も見えない。辛うじて高社山(高井富士)が山の北側面が雪雲がぶつかり、南側面は頂は雲に雪雲に巻かれて見えないが、山麓は雪雲に覆われないでその雄姿を望むことが出来るが、如何にも寒さに耐えているように見える。

日本海から押し寄せる寒波(雪雲)は県境にある高山(こうざん)に阻まれて、お陰でここ須坂の里までは大雪に見舞われることはないが、信州は四方(よも)を山脈(やまなみ)に囲まれていることもあって、北志賀、南志賀、四阿山の連峰は悉く雪雲に覆われて姿を消すが、雪雲が晴れると将に白銀の峰々が広がる別世界と化す。

然し、雪雲が山脈を覆っても、不思議に盆地の上空はぽっかり雲間が広がり青空から太陽が燦燦と盆地に注ぐ・・・
この盆地の上空に雪雲からちぎれた雲の塊がぽっかりと浮かんでいる。大きな布団が空に浮かんでいるようで面白い。
この飛行船のような雲の流れが自由奔放で面白い。はぐれ雲はのんびりのんびり形を変えながら頭上を漂う。
雲のあれこれを眺めていると飽きないものである。

忙中閑有り。時にはぽかんと空を眺めることが必要ではないか。新たなファイトが湧くぞ。


関連記事
スポンサーサイト