プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
小さな発見過大な特訓
手暗がり

私は右利きであることから、幼い時から色鉛筆でアンダーラインを引くときは、文字の下を赤線を引く場合も、文字が見えていて必要な箇所を要領よく引けたので不自由を感じなかったが・・・

昨今は、ラインマーカーの普及で、これが極めて便利であるため、何色ものマーカを取り揃えている。大袈裟に言えば机の上はラインマーカーが占める状態である。

ところで、右利きである欠点が生じた。ラインマーカーを色鉛筆のように必要な箇所にだけ要領よく色塗りが出来ないことだ。文章の終わり地点をオーバランして色塗りしてしまうことがざらである。苛立つだけでなく見苦しいことしきりである。

原因はラインマーカーとこれを握る右手が「手暗がり」を起こす事が原因だ。これを解消するためにあれこれ思考してみた。結果的にラインマーカーを寝して色塗りをするのではなく、マーカーを垂直に立てることであるが、今度はラインの濃さが一様でなくなる。強く色塗りするとページの裏側までインクが滲んでしまって、ページを捲った時にこれ又目障りとなる・・・

そこであるとき、左手にラインマーカーを持って色塗りをしてみた。するとずばり横書きの書物は、眼で左から右に文字を追う後に、ラインマーカーを推し進めることで、文字は色塗りの終点が一目瞭然なので、オーバーランするようなことはなく、すっきりしたまとめが出来ることを発見した。えらく得心して全体を眺めると、如何せんこの歳になるまで、左手でラインを引いたことが無いため、ラインが直線でなく~~~と波模様ではないか。へたくそ限りなく情けない。まるで園児が線を引いたようである・・・

この~~~波模様を克服するために、この歳になって書物のライン引きをきれいに引くための「左利き」の目下特訓をしている。
ラインマーカーは右利きの者を泣かす。左利きの人はラインマーカーで徳をしている・・・

関連記事
スポンサーサイト