FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
相撲は日本人の心を揺さぶるが・・・
嘉風がんばれ

 嘉風の左目の視力が心配だが、連日痛みを顔に出さず、あらん限りの力を出し切って勝負に挑む姿に土俵は沸く。勝っても負けてもこれほど応援したくなる力士はいない。

 予てから私は豪栄道を応援して度々このブログにも登場願った。今場所は何てったって「突貫小僧」の再来だ。優勝し横綱を張って欲しい。
 郷里の力士御嶽海は大学の後輩でもあり兎に角怪我をしないで早く三役に上がって欲しいと願うが今場所は動きがよい。郷里の信濃毎日は一面で勝敗を伝え、NHK長野局を始め全ての民放が場所の取組みの映像を県民に伝えている。これほど期待されている力士がいるであろうか。信州は江戸時代に天下無敵の雷電を輩出した思いもある県でもある。みんなが待ち望んでいた力士かもしれない。

 角界一の人気力士遠藤も苦杯を舐めて幕内にあがってこれたことに拍手を惜しまない。膝を完治されて豪栄道、御嶽海と共に大相撲の屋台骨を背負って欲しい。

 大相撲はTV桟敷で見はじめると限がない。少年時代は相撲を毎日取ったものである。相撲は日本人の心をゆさぶるものであるが、少年時代に校庭で相撲を取っている様を最近はとんと見かけないのが寂しい。

関連記事
スポンサーサイト