FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
平成28年度須坂市議会総務文教委員会行政視察報告 その4
平成28年度須坂市議会総務文教委員会行政視察報告 その4

第4.視察地:秋田県教育委員会  ◇日時:平成28年5月26日
  1.視察研修課題:の導入について。
   Ⅰ.秋田県における学力向上の取組について。
   Ⅱ.オーダーメイド型留学事業について。

   県教育委員会職員の竹村、中井氏より課題Ⅰの説明を、
   佐藤副主幹、松橋氏より課題Ⅱの説明を、夫々後記資料①~⑧に基づき説明を受けた。
 
  2.説明を受けた後、質疑応答で佐藤壽三郎委員が質したQ&A
   
   Q. 学力測定結果のパターンについて
   A. 秋田のグラフの形は上位に偏ったパターンとなっている。
     20問中17~18、19と正解率が高く。全国トップレベルである。

   Q. 学力測定で、問題が解けなかった生徒に対する対策は、どのようにされているのか
    A. 問題が解けない子どもたちには、先生たちの授業の中で補修或いは力を付ける為
      の宿題を出すこともあるが、学校にいる中で上手にサポートしている。

   Q. 小・中の学力が全国的に見たときに極めて高い実績は、高校に進学し更に3年後に
     大学や専門学校に進学することまで基礎的学力上位の影響を及ぼすと推測されるが、
     必然進学率等の変化があると思うがお示しください。
   A.県高校教育課も只今の質問を考えています。実質的に全国トップレベルの小・中学生
     の学力を、高校教育課も学習状況調査を行って、小中高の接続の改革を行っている。
     高校の先生方の意識も変わりつつある。本県の大学進学率が低いことは事実ですが、
     子どもたちも地元に残って地元を支えてゆく人生観が強い土地柄です。バランスの取れ
     た子どもたちを育成していきたい。

 3.資料
  ①「秋田で学ぼう!教育留学推進事業について」
       秋田県教育庁生涯学習課編纂
  ② H28 秋田で学ぼう! 秋田県教育留学推進事業
       「あきた未来綜合戦略」移住・定住対策関連事業
  ③秋田の教育を体感してみませんか:パンフレット
  ④秋田の教育を体感してみませんか 募集要項
  ⑤首都圏で「秋田留学」募集 読売新聞「秋田版」2016/5/22付
  ⑥学校教育の指針 平成28年度の重点 秋田県教育委員会
  ⑦秋田県における学力向上の取組について 秋田県教育委員会
  ⑧秋田県議会の概要   秋田県議会事務局
  ⑨秋田県の小・中学生の実力度の分析:都道府県別統計

 4.視察を終えての感想
  秋田県の小・中学生の学力は実質的に全国トップレベルにあることは示された研修資料から窺えたが、私なりに秋田県の小中学生の実像を知る意味で、調査してみた結果、全国第一位を占める項目が数多見受けられ驚愕した。
中学生学校快適率 、小学生学校快適率、中学生自己肯定率、小学生自己肯定率、中学生校則遵守率、中学生宿題実行率、小学生宿題実行率、中学生自宅学習率、小学生自宅学習率、中学生朝食摂取率、小学生朝食摂取率 、中学生読書率 国学力テスト小学生正答率、全国学力テストは何れも全国一位である。

 この学力の高さは、児童・生徒たちに大きな自信を与え、高校は及ばす更に大学や専門学校に進学する気風が遠からず秋田県内に沸き起こると予感する。現在は都会に出て大学に入学することが叶わずとも、地元秋田に残って地元を支えてゆく気風が強いことも研修で知ったが、一度限りの人生で、学力を天下に問い、万民のために尽くし、貢献したい意志が学力の高さに相応して湧き上がるものと思われる。恐るべし秋田の児童・生徒の培われた実力は、大きく秋田県民の誇りであり郷里発展の原動力に転化されると信じます。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:教育問題 - ジャンル:政治・経済