FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
平成28年度須坂市議会総務文教委員会行政視察報告 その3
平成28年度須坂市議会総務文教委員会行政視察報告 その3


第3.視察地:北秋田市 合川学童研修センター 日時:平成28年5月25日

1.視察研修課題:「オーダーメイド型留学事業」について
 ①「オーダーメイド型留学事業」の立ち上げについて。
 ②秋田で学ぼう!教育留学事業の具体的内容について。
     講師:教育委員会事務局 総務課長 松橋久司 氏
         県教育庁北教育事務所 社会教育主事 湊貞宗 氏
 から別紙資料に基づいて説明を受けた。

2.説明を受けた後、質疑応答で佐藤壽三郎委員が質したQ&A

  Q.平成20年から生活改善・体験の重視型」留学は、あきたリフレッシュ学園と
   協力して、学校や社会へのストレスや人間関係、友だち関係の悩みで、学校を
   休みがちだったり、行くことができなかたりしている子どもたちの元気回復のため
   の施設で、北秋田市が運営していて、今までに80人を超える子どもたちが利用さ
   れたとのことですが、この子どもたちの留学成果の追跡調査がなされているようで
   したら、その成果をお示し下さい。

  A.80人中7~8人は引きこもり状態でありますが、他の子どもたちは大学や高校に
   進学しております。留学中に魚釣りが好きな子が、高校卒業後鰹の一本釣の会社
   に入社しております。
   
   学校を休みがちだったり、行くことができなかたりしていた子どもたちの復帰率は8割
   で、学校に登校するようになっております。現在3人が来ておりますが、自分で何か
   を感じて何かをする子が多くなっている。

   当市にも不登校の子どもはおります。彼らの将来を思うときに、子どもたちの元気回復の
   ための施設を利用して、子どもたちを励まし社会に巣立って欲しい意味合いから、当市の
   単独事業で推し進めるものです。

3.資料
 ①秋田の教育を体感してみませんか:パンフレット
 ②秋田で学ぼう!教育留学事業の要綱説明書。

4.視察を終えての感想
北秋田市は、2005年(平成17)北秋田郡鷹巣町、合川町、森吉町、阿仁町が合併した新制しである。秋田駅から鷹ノ巣駅まで電車に揺られて訪ねたが、車窓から眺める田園風景は、米代川に阿仁川、小阿仁川、小猿部川が流れ込むことにより、この地は水に恵まれた肥沃の盆地であることが窺えました。

研修を受けた「合川学童研修センター」は、合併前の合川町時代に当時竹下登内閣が「ふるさと創生事業」として交付された1億円を利用して建設された施設である説明を受けました。当時、交付された1億円の使い道は様々で、宝くじを購入した自治体、金塊を買い求めた自治体、公園整備に注ぎ込んだ自治体等と無駄な支出に使われたと思われる交付金でしたが、合川町は価値ある使い道をしたと感服しました。

学校や社会へのストレスや人間関係、友だち関係の悩みで、学校を休みがちだったり、行くことができなかたりしている子どもたちの元気回復のための施設として、北秋田市の児童や生徒とともに、全国から同じ痛みを抱える児童のために共助しようとする意気込みを汲み取ることができ、有意義な視察であったと高く評価します。


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:教育問題 - ジャンル:政治・経済