プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
平成28年度須坂市議会総務文教委員会行政視察報告 その2
平成28年度須坂市議会総務文教委員会行政視察報告 その2


第2.視察地:武蔵野市    日時:平成28年5月24日

1.視察研修課題:公共施設マネジメント
  「計画的施設整備」の導入について。
   ①武蔵野市について。
   ②武蔵野市の概要・保有建物状況。
   ③「計画的施設整備」について。
   ④「計画的施設整備」導入前の状況と課題。
   ⑤「計画的施設整備」の導入について。
   ⑥保全整備の状況について。
   ⑦現在の施設整備について。

   武蔵野市職員堀内氏から、別紙資料に基づいて「計画的施設整備」の導入についての説明を受けた。

2.説明を受けた後、質疑応答で佐藤壽三郎委員が質したQ&A

  Q. 今後も御市は人口微増を予定し、高齢者比率も極めて低い一方、小学生と中学生の人口減少を
    見込んで、現在の施設整備について設備総量の見直しに取り組んでおられますが、人口微増と
    小・中学生減少現象が理解できません。

  A.事実として、当市では高齢者は利便性を求めて駅前マンションに居住増。単身高齢者が増加している。
   空き家も増えているが、これらも課題である。

3.資料
   ◇上記①~⑦までの資料
   ◇武蔵野市公共施設等綜合計画(平成28年度~32年度)計画案
  ◇武蔵野市基礎統計(佐藤委員が情報収集したもの)

4.視察を終えての感想
 「武蔵野市基礎統計」によると、武蔵野市の人口は今後も微増するように見受けられます。一方、武蔵野市の人口は140,527人。65歳以上の高齢者は29,803人(平成26年1月1日)で、高齢者率は21.21%とあります。人口は微増と捉え、一方高齢者人口人口の推移を見ますと平成16年で17.94%が平成26年で21.21%とすれば、10年間で僅か3.27%の増加率であり、極めて若い町であると思います。

 人口構成比でみると、就労人口が67.6%と羨ましい限りですが、穿った見方をすれば、武蔵野市は毎年地方から上京して入学する大学生や専門学校生が多く武蔵野市居住する。この人数と卒業すると当市を離れる人数が言わば均衡を保っていると拝察されること。又、結婚するまでの若者の人口と、結婚をした新婚世帯の人々は、武蔵野市は地価等が高い影響もあって中々持ち家がこの武蔵野市では買えない事情が、この「武蔵野市基礎統計」から私は読み取ります。このことから、現在の施設整備について設備総量の見直しの取り組みについて、何故に小中学生が減少していることは、武蔵野市に限らず大都会の市区は住民の特質を精査する必要があるのではないか。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:地方自治 - ジャンル:政治・経済