FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
平成28年度須坂市議会総務文教委員会行政視察報告 その1

平成28年度須坂市議会総務文教委員会行政視察報告 その1


第1.視察地:NPO法人 フードバンク山梨  ◇日時:平成28年5月24日
   
1.視察研修課題:◇フードバンク立ち上げの背景について。
         ◇事業実績と今後に向けての課題について。

フードバンク山梨活動報告(2015年版)に基づいて説明。
     講師:フードバンク山梨 理事長 米山けい子 氏

2.説明を受けた後、質疑応答で佐藤壽三郎委員が質したQ&A

    Q.支援を受けている人で不動産を保有している(相当の資産がある)人も見受けられるが、生活保護を
     受けるに、家作を処分している人たちの事情を考えると、食料支援を受けていることに些か不公平感を
     感じるが如何か。

    A.生活保護前のぎりぎりの方々に支援をすることを目的としていますが、ローン破綻をされている方。
     或いは持ち家を処分すると債務が残るとか、或いは家屋の処分が出来ない事情もあるようです。
     ご近所や親類縁者に対する気兼ねから処分が出来ない事情もあります。法律家の助言を頂くことも
     視野に入れて、今後の課題と捉えています。

3.資料
   ①特定非営利活動法人フードバンク山梨定款
   ②フードバンク山梨活動報告(2015年版)
   ③生活困窮者自立相談支援事業相談状況
     須坂市生活就労支援センターまいさぽ須坂:作成
   ④フードバンク信州 (議会事務局収集)
   ⑤フードバンクの皆様へ 農林水産省 (佐藤委員収集)

4.視察を終えての感想
   ①受益者の社会的視線を考慮して宅配便で配送することの是非。正々堂々とした受益者でよいのではないか。
   ②緊急避難的なフードバンクからの配給措置と、生活困窮者の情報収集と対応の実態把握の明確性について疑義がある
   ③寄付された食品が、受益者の嗜好に合わないなどの理由で、拒まれる場合の対応について。
   ④受益者ニーズを正確に把握することの寛容と限界について。
   ⑤生活保護を受けるために、不動産を処分せざるをえない者と、持ち家を保持したいから、フードバンクに頼ることの公平性
    が些か理解できない。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:貧困問題 - ジャンル:政治・経済