プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
問われる横綱の品格
問われる横綱の品格

大相撲春場所は中盤戦に入っている。大関琴奨菊の綱取り場所で盛り上がっているが、大関の稀勢の里、豪栄道が元気であることが何より場所を盛り上げている。大相撲は関脇が好成績な場所は面白いと言われているが、嘉風、豊ノ島の黒星が残念だが、相撲内容は決して悪くない。嘉風は陸上競技のスタート的な立会い姿勢を、腰を下ろして往年の栃錦や若乃花のような、鋭い立会いをすれば、星数もあがり大関になれるだろう。栃錦も若乃花も決して大柄の力士ではなかったが、団塊以上の年配者の心の中に今でもしっかり生きている。嘉風にはその素質があると見ている。嘉風は「応援団長が愛娘である」ことが最大のパワーだとか。嘉風 ! 娘のためにも頑張れ

TV観戦をしていて感心しないのは、横綱白鵬の「駄目押し」行為である。見苦しいことこの上ない。俗人の言う勝負が汚い
4日目の隠岐の海戦は見ていて見苦しかった。8日目の嘉風戦は、これが横綱かと言いたくなるような「駄目押し」行為であって、多くの大相撲ファンは、横綱の品格はどうしたと嘆いたであろう。横綱が傷害を意図した行為で、更に相手方の力士生命も危ぶまれるような行為に及ぶとすれば、これは明らかに犯罪行為である。

相撲は相手を流血するまで叩きのめす格闘技ではない。格闘技即ち武道とは一線を引いて、日本に独自に発達したものである。日頃の鍛錬を磨き心技体の競い合いをする文化と言える。礼で始まり礼で終わる競技であち、国技という名を欲しいままにする謂われはそこにある。

行司が軍配をあげ勝負が着いた後も、余韻が残る勝負こそ名勝負というものである。強いだけでは野蛮の評価に終わるし、少しも日本人の心を惹きつけない。横綱の矜持は何なのかを日々問う横綱であって欲しいものだ。

少年たちに勇気を与え、今尚語り草になっている栃錦や若乃花、大鵬そして北の湖は単に強いだけではなかった。横綱の品格を備えない力士は、引退した後に相撲ファンから直(じき)に忘れられてしまうものだが、それほどに相撲愛好家の評価は厳しい。

【追記 3月23日】
11日目の横綱白鵬と大関稀勢の里戦は、今場所の天王山と言うべき取組みであったが、これぞ横綱相撲と言わせる相撲で勝利した。今日のような横綱白鵬の取り口が、相撲ファンの心を惹きつける。

【追記 3月27日】
千秋楽の横綱白鵬と横綱日馬富士戦・・・ありぁ何だ
場内から「変わって勝ってうれしいか」、「勝ったらなんでもいいんか」と非難轟々・・・
又もや横綱白鵬の横綱相撲が問われた。はてはて何とする横綱
横綱の品格を備えない力士は、どんなに優勝回数を重ねても、哲学のない観客に感動を与えられない相撲では、到底観客の心を魅了することなど出来ず、引退した後に相撲ファンから直に忘れられてしまうものだが・・・



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zyusaburo.blog.fc2.com/tb.php/878-25ff5996
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)