FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
H28年3月市議会一般質問 その3
H28年3月市議会一般質問 その3


件名3.市民が健康に暮らせるために 

 【質問要旨】
(1)化血研(化学及び血清療法研究所)に関わる不祥事については、
   仮にも市民の生命に与る信憑性の高い医薬製造機関の一不祥事であったとして済まされることではありません。須坂市民のうち、この血液製剤等を常用して命を繋いでいた者が居たとすれば、市はあらん限りこの被害者を救済してあげて然るべきと考えます。
 そこで、お伺いをします。
  ① 須坂市に血液製剤やワクチンを必要とする対象患者はどの位おられるのか把握していますか。
  ② おられるとすれば、これらの患者さんへの市の救済策について。

(2)小児結核減少でBCGの接種中止案について
 毎年凡そ2万人もの結核患者が発見されるという。かって結核は不治の病として恐れられ、ペニシリンが発見されるまでに数多の人々の命を奪った病であるが、BCGの接種中止は、新規の小児結核患者が少ないからの理由で推し進めて果たしてよいのか。大いに異論を唱えたい。

  ① BCG接種が結核予防に果たしてきた効果について
  ② BCGの接種中止は、新規の小児結核患者が少ないからの理由で推し進めて果たしてよいのか。
   このことについて、お伺いをします。

(3)こども貧困対策について
国連児童基金(ユニセフ)による世界の子供の貧困率のデータによると、日本の子供の貧困率が先進国35カ国の中で下から9番目のワースト上位に入っていることが発表されてます。日本の格差拡大と教育格差拡大がさらに進行して歯止めがかかっていないことがまたも明らかになってしまったと言えます。日本の子供の貧困率は2000年(平成12年)が12.2%、2005年と2007年が14.3%、2009年(平成21年)は15%と完全に右肩上がりで悪化を続けています。報告書は、日本は子どものための施策に対する公的支出が対国内総生産GDP比1.3%で、35カ国中で下から7番目に低い状況です。日本はGDP比に占める教育支出が極めて低いことが読み取れます。

 さて、2011年に厚生労働省が発表した日本の相対的貧困率では、貧困率が16.0%と過去最悪の数値です。原因は、所得の低い65歳以上の高齢者や非正規労働者の割合が増えたためとあります。1998年(平成10年)以降から特に21世紀になってから、非正規労働者の割合が増えました。企業が内部留保を貯めこんで正社員を雇用しなくなり、リストラされる人も増えてた結果だと指摘されております。

 子ども貧困対策は言わば国家的取組に拠らなければ、もはや救済できないまでに陥っている。子どもの6人に1人が該当するとも言われている。様々な社会的要因が、自活できない幼児や児童、生徒としては、徒に運命に翻弄され、恰も笹舟が波間に漂い、風波に翻弄されるような人生であってはならないと思います。

 「子どもの貧困対策の推進に関する法律、第一条は「この法律は、子どもの将来がその生まれ育った環境によって左右されることのないよう、貧困の状況にある子どもが健やかに育成される環境を整備するとともに、教育の機会均等を図るため、子どもの貧困対策に関し、基本理念を定め、国等の責務を明らかにし、及び子どもの貧困対策の基本となる事項を定めることにより、子どもの貧困対策を総合的に推進することを目的とする。」とあり、
 更に第四条で 「地方公共団体は、基本理念にのっとり、子どもの貧困対策に関し、国と協力しつつ、当該地域の状況に応じた施策を策定し、及び実施する責務を有する。」とあります。

 このことは、須坂市が高らかに掲げる「子どもは“宝”プロジェクトの推進」や「子どもたちが未来に夢をもてるまちづくり」につながるものと確信し市の本気度をお伺いいたします。

 ① 「子どもの貧困対策の推進に関する法律」を達成するために、第4条には「地方公共団体の責務」として、国と協力しつつ、当該地域の状況に応じた施策の策定と実施を責務として記されております。須坂市は今後この条文に則った施策の策定と実施をどのように目指しているのか、具体的に示してください。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zyusaburo.blog.fc2.com/tb.php/872-13ff0845
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)