プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
獅子身中の虫
獅子身中の虫

獅子身中の虫の見極めは難しい。然し、気づいたときは万事休すだ。

戦国時代に目をやれば・・・
織田信長公は明智光秀に・・・
武田勝頼公は小山田信茂に・・・
一族の滅亡を強いられた。
国盗りの時代であったとはいえあまりにも悲惨であり残忍である。

国盗りと様相は異なるが現代の政治家も亦然り
命のやりとりこそないが、政治生命を絶たれれば、或いは生き恥を晒すこととなる・・・
例えば
・元自民党幹事長・・・
・参議院議長・・・
・農林水産大臣・・・
等等の辞任劇が頭に浮かぶ。何れも腹心として全幅の信頼を置く秘書の不祥事が起因して、政治の表舞台から引きずり降ろされた・・・

秘書は仕える政治家のために、陳情者の要求に最大限の誠意を示さねばならない。陳情の要求内容は様々であるが、法に適う陳情であるか否かの見定めが秘書に求められる。陳情の受け入れができないものであれば、決して安請け合いをせず毅然と陳情を断る姿勢が求められる。

陳情とは別に、秘書は様々な会合や催しに顔を出さねばならない。日本独特の風習・慣習である「名代」は、恰も秘書を政治家本人であるかのような位置付であり、求められれば秘書は政治家の代わりにあいさつもせねばならない。この風習・慣習が秘書自身を錯誤に陥させるのではないか。私はどんなに偉い政治家の秘書であっても、法的には国会議員や県議会議員の「使者」であって、決して「代理人」ではないと思っている。理由は、選挙で選ばれた者は政治的に代理人を置くことが出来ないと思うからである。

これはさて置き、秘書が仕える政治家への忠誠心は、次元の違う話である。これこそが秘書の矜持である。秘書の矜持を踏みにじる政治家には辞表を叩きつけるべきである。秀吉が藤吉郎でもない無名の時代に「主は私を選ぶか否かを決するが、私にも主を選ぶ権利がある!」と、盗賊の下郎になることを断ったエピソードを、若かりし頃どこかで読んだことがある・・・

思うに、仕えた主人と秘書や書生の主従関係は、主人を師と仰ぎ様々な教えや考え方を授かる。師は将に人生の手本である。生涯に亘り尊敬してもあまりある。このような師にめぐり会えた人生であった故に私の今があると言い切れる。只々歳を重ねる程に感謝に尽きる。

為政者の世界は、一寸先は闇であることは、今も昔も聊かも変わりはない。慎重にも慎重でなければならない。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zyusaburo.blog.fc2.com/tb.php/860-92b8fdc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)