プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
賀状は心をつなぐもの
賀状は心をつなぐもの

今年も元旦に多くの年賀状を戴いた・・・
議員は公職選挙法で、選挙区内の有権者には、受信した年賀状に返信する形での賀状差出しか許されていない。元旦に配達されてから賀状を認(したた)める生活に入って早18年になる・・・

年賀状は、年に一度の消息の確認行為とも言える。一葉の賀状を手にとると、ありありと差出人とのあり日の情景が思い出される。恩師の賀状を手にすると、恩師の下で学業の機会を賜り、専門書を精読した銀座の日々の思い出が募る。500円もポケットにあれば了とし、共に青春時代を過ごした東京時代の友がきは健在だ・・・。帰坂して行政書士となり書士会役員会で、共に将来書士になるであろう後輩のためにと、行政書士業務の確保に勤しんだ仲間たち・・・。宅建業協会役員として、業者の社会的信用の確立に向けて共に行動をした仲間たち・・・。暇さえあれば、厚かましくお宅にお邪魔して碁を打ち、或いは様々な人生訓の教えを戴いたりした方々、若き時から厚誼を重ねた人々が、一葉の賀状となって、「元気かい」と呼びかけてくれる。途絶えることなく今日まで互いの心をつなぐ一縷の糸といえる・・・

賀状は頂いた枚数分、手に取るとそこには枚数分の交誼があり、過ぎし日々の思い出が映像として脳裡に蘇える。返信の為の賀状を認める時に、宛名を確認し、宛名人の健やかなるを祈念してから筆をとるので、返信も中々はかどらない。然し戴いた賀状は、私にとって一葉一葉が将に宝珠である。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zyusaburo.blog.fc2.com/tb.php/853-cc849408
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)