FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
負けてもやってはならぬことを知らないらしい
力士の矜持は少年に勇気とはを諭すもの


団塊の世代の我々は、学校でも下校してからも、幼馴染と相撲をとる毎日であった。少年時代の英雄は、千代の山、栃錦、若乃花、朝潮の取組を、ラジオを聞いて、更に中学時代は白黒TVを見て育った。少年の記憶にはこれらの横綱が、立会いに体をかわすことなど殆んどなかったと記憶する。威風堂々とした仕切りと緊迫感のある立会、さらには死力を尽くした取り口に魅せられ、好取組は翌日早速学校で、仲間たちと真似しあったものである・・・

大相撲九州場所十日目の白鵬-栃煌山戦は、横綱でありながら「手段を選ばず勝てば良い」とする、軽挙な立会いに横綱失格と観客もTV桟敷の視聴者も感じたのではなかろうか。横綱としての矜持が感じられない相撲内容だ。当然場内は拍手も沸かなかった。「横綱としてやるべきことじゃない」と北の海理事長もコメントしたが、このことは観ていた誰しもが感じた・・・

4日目の嘉風戦、そして今日十日目の栃煌山戦と、2回も「横綱としてやるべきことじゃない」立会いを平然とやり過ごす横綱に相撲ファンは落胆する。今日の勝敗に、場内は拍手も沸かなかった。場内のある婦人は両手で×印で抗議していた映像が映った・・・

横綱が「横綱としてやるべきことじゃない」立会いを繰返せば、結果的に相撲ファンは離れ、相撲人気は地に落ちることとなる。
白鵬を、大鵬や双葉山或いは栃錦や若乃花と比べる者がいるが、少年時代に憧れた横綱と同格視されることに異論がある。
優勝回数も大切だが、一番一番の取組の内容が後世に語り伝えられる名勝負であるかが問題なのだ。



関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zyusaburo.blog.fc2.com/tb.php/835-c2b75426
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)