FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
疑心暗鬼
最終処分場に寄せる思い

HPの議員活動詳報第192号で「地権者等閑で突き進む最終処分場候補地決定の危うさ」としてお示ししたことがある・・・

市は平成27年10月13日、議会の全員協議会の場で「一般廃棄物最終処分場受け入れに当たっての絶対的条件の回答について」として、仁礼町と合意が調ったことの報告を行った。

最終処分場について、行政が最終決断を仁礼町に任せきり(丸投げ)であったことは事実である。この足掛け7年をも費やすことは徒過と酷評したい。況や最終処分場予定地をおぼろげながらに特定をしておきながら、地権者を蚊帳の外即ち全く無視しての、兎に角仁礼住民の「民意」を先決として突き進んで来た手法に、地権者の不信が凝り固まらないかが心配だ。

仮にも行政担当者の脳裡に「地権者の土地取得は、最終的には金目で片づけられる。」と踏んでいるとすれば、本事業は不成就となるであろう。仁礼町と合意をした絶対的8条件の合意、更には仁礼町が須坂市等に差し出した「同意書」は、土地の買収に関して決して金科玉条ではないし、地権者に「土地買収に応じろ」と強制を強いるものではないことを知るべしである。

「円満なる解決の端緒はないものなのか。」と私も議員として悩んで来た。関係者(地権者、仁礼町住民、須坂市、長野広域連合)全てが円満に鉾を納めうる「心の城府へ通う唯一の小径」の鍵は何かを問わないと悩んで来た。大きなしっぺ返しを食らうことがなければと只管願う。何れにせよ、関係各位の労苦には頭が下がる。

議員や一部の市民より寄せられる意見等。
「仁礼町に支払う迷惑料は、市民の税金から支払われるものである以上、年間500万円を15年間支払うことが果たして妥当であるか否かの審議が為されないで、仁礼町からの要求額を市がそのまま受け入れた理由を明らかにすべきでないか。」

「迷惑料は、仁礼町の下流流域に位置する区にも請求する権利があるのではないか。」

「最終処分場への埋設物を考えた場合に、かってゴミを焼却することもしないで、ゴミをそのまま埋め立てた百々川沿いの町区にも、迷惑料を仁礼町に支払うならば、迷惑を被った百々川沿いの町区にも請権があるのではないか。」

「全員協議会での仁礼町との基本協議の合意があった報告を受けたが、全員協議会は審査機関ではないので、市側が全員協議会を経たことを議会の承知と混同している節がある。」

HPの「最終処分場候補地決定の危うさ」記事へ


福沢の集落


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zyusaburo.blog.fc2.com/tb.php/823-a5767ce2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)