FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
知行合一
大切なことは心が動くかである


青雲の志の夢破れて、郷里に帰郷したのは三十歳の時であったが、遂昨日の様にも思える・・・
歳月は疾風の如く時を追いやり、顎鬚は白く変化し、鬢も白髪になってしまった・・・

帰郷して人生を悶々としていた時期に、私は宅地建物取引主任者(現・宅地建物取引士)資格を、友人が受験するからと勧められて受験した。幸いに合格した経緯から、級友の手助けの動機が宅地建物取引業界に身を置くこととなった。

宅地建物取引業を営む者の集まりに出てみて、殆んどが生まれ在所の者であったことも幸いした。人的担保が適えられるからであるが、不動産取引の実態も分からない侭、法知識があるということでこの業界に身を投じた私は、誰を信用してよいか躊躇したものである・・・

そんな中で歳月は流れる。彼是40年近く誼のある経営者も、歳を重ねられて第一線を退かれることは、自分の齢をも忘れて嘆くのは、自分勝手というものかも知れないが、訃報を聞くに及んで心が悼たむ・・・

人生は、悉く「邂逅」に尽きることは、何遍もこの稿で書き尽くしているが、「人とのめぐりあい」のありがたさは、ふと人生を振り返るときに感じるものである。「あの時」「あの人」「あの決断」があればこそと思うが、この三要素のほかに「誼に添えての信義」が大切であるのではないか。数多の人にめぐり合うことが出来たが、交誼において「信義」のない人とは、何時しか糸がほぐれ断交となるは慣いである。

「誼に添えての信義」の貫きは容易なことではない。その意味でも北信地方独特の「まつべる」「まつばる」の心のあり方こそが、今一番求められている「大切なもの」と私は思えてならない。「邂逅」と対峙するものは「別離」にほかならない。別離も絶交、死別と様々なタイプがあるが、何れにしても心が重い。

かっては県議を志し、村長選にも挑まれた元村会議長を務められた御仁が、惜しまれて黄泉の世界に旅立たれた。私の言わば地方自治(議員)の師でもあられた。私をまつべて下さった御仁に、深甚なる哀悼と感謝の意を捧げて瞑目したい。






関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zyusaburo.blog.fc2.com/tb.php/821-5d870d0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)