FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
力士は一世一代
大銀杏の矜持・一世一代若の里

若の里という関取をご存知じか!
平成12年ころから、彼の全盛期にはしぶとい相撲を我々に楽しませてくれた力士であった。
全盛期を過ぎても、今猶十両で土俵に上がっている。

若の里の取組をを見ていると、稽古によって鍛えられた肉体は、未だ健在であるように伺えるが、土俵際での粘りが淡白であるように見える。粘りがないように思える。これも歳を重ねるのと反比例して気持ちが萎えるのかもしれない。若いときは造作もなかったことが億劫になる。牛若丸みたいな動作が中々出来なくなる・・・

 しかし、今日の天風との取り組みは、流石かっての関脇を張った力士、若の里の味を示した内容であった。天風が掴んでいる廻しを切る技、土俵際を這う足運びや相撲感は往年の雄姿を見入るようだった。

 若の里関、残りの2日間を白星で飾り、どうか十両に留まって欲しい。一日も長く「関取」として土俵に上がられ、いぶし銀の相撲を全国の相撲愛好者に見せて欲しい。若の里の相撲に対する姿勢は、青少年に不屈の精神の大切さを示しているようだ。勝敗はさて置いて、連日の若の里の闘志に私は「あっ晴れ」を贈っている。

 


関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zyusaburo.blog.fc2.com/tb.php/797-b6a3b622
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)