FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
流汗淋漓
消防技術大会を観戦

6月14日、須坂市消防団の消防技術大会が須坂小学校・常盤中学校グランドで実施され出張りました。
この大会は、消防団員による日ごろの訓練を競う大会であり、炎天下の作業は重労働にほかなりませんが、自らのまちは自らが守る将に郷土を守り抜く気概の原点が茲にあります。

常備消防が布かれ、消防団による直接消火作業が失われた現代であるけれども、天災地変は時としてわれわれが想定する規模を超える力で襲い掛かります。これらに敢然と立向い人命を救い、財産を護り抜いた消防団の歴史があります。その意味でも防技術大会の日ごろの鍛錬のための存在を高く評価します。

会場では、恒例の写生大会も実施されてていて多数の幼児たちが、消防自動車や技術大会の様子を描いておりました。覗いてみますと中々の名作ではありませんか。傍らでは絵を描き終えた幼子が、母親と共に技術大会に参加している父親の雄姿をじっと追って見つめている様子。流石ですなぁ。私もそうでしたが、子は親父の後ろ姿が分るものです。この幼子も屹度大きくなったときは、消防団員としてこの場に居るであろうと感じました。


随筆・幼き日の火の見櫓の思い出にリンクします


消防技術大会

関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zyusaburo.blog.fc2.com/tb.php/785-c98d54d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)