FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
疑心暗鬼
鳥も鳴かずば

最近は郭公の鳴声に起こされる。未だ午前4時ではないか
登山や山菜狩りで山中で聴く、郭公の鳴声は情緒があるが、人里で然も未だ夜が明けきらない最中、忙しく鳴きじゃくられては迷惑千万である。狩人に頼んで追い払ってもらいたい位に五月蝿(うるさい)こと限りなし。公衆衛生がすすんでハエが少なくなている昨今、寧ろ五月蝿を五月郭公と書いて「うるさい」と改字すべきでなかろうか。

郭公の生態が「托卵」であり、その生育場所が千曲川河畔のオオヨシキリの巣に産み落とされ、事情をしらないオオヨシキリは、郭公の卵を温め、更に雛をわが子として育て、巣立たせることをNHKの動画等で知ってから、狡猾な郭公はどうも好きになれなくなった。子育てを一切しないで、広範囲に移動して時間を弁えず「カッコウ」でなく「カコ・カコ・カコ」と十も二十も連呼されては堪らない。たかが鳥だとは放置できない騒音公害だ。事情はどうあれ許されない諸行である。
しかもあのホトトギスも「托卵」とのことであるが、許せない

縦笛で「ソ・ミ・ソ・ミ・レ・ド・レ・ド」と吹いて、郭公の声を擬していた幼い頃が懐かしい・・・

関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zyusaburo.blog.fc2.com/tb.php/784-d01642c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)