FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
先んずれば人を制す
各務原市への行政視察の概要 1.

 5月26日、「1.交流・定住人口増加に係わる先進地施策と成果。2.ふるさと納税制度を活用した各務原市の取組み」について研修。

1).交流・定住人口増加に係わる先進地施策と成果(各務原市のわくわく定住奨励金事業について)。

各務原市は、子育てや介護における家族の「ささえ合い」を促進すること、また、若年層の増加による活力に満ちた地域づくりを目的に、親世帯がすでに市内に居住し、市内に新たに住宅を購入して転入される子世帯に10万円を交付(1回限り・市はわくわく定住奨励金として当初予算700万円)。

①【 対象者 】
Ⅰ.親世帯がすでに市内に住んでいて、子世帯が市内に新たに住宅(新築住宅、新築の分譲住宅およびマンション、中古の住宅およびマンション)を取得して転入される場合の条件。

   ・ 親世帯が市内に1年以上住んでいること。
     ・子世帯が転入前1年間各務原市に住民登録されておらず、 中学生以下の子どもを扶養していること。

Ⅱ。各務原市外に住んでいて、親世帯または子世帯が各務原市内に新たに住宅を取得し、親世帯・子世帯ともに転居して同居を開始する場合の条件 。

   ・親世帯、子世帯ともに、転入前1年間各務原市に住民登録されていないこと。
   ・中学生以下の子どもを扶養していること。

Ⅲ.対象となる住宅
・平成25年4月1日から平成28年3月31日までの間に引渡しを受けた、耐震性を有する住宅。

Ⅳ.奨励金
・1世帯につき10万円(1回限り)。

Ⅴ.申請要件

① 子世帯
    ・世帯全員が各務原市の市税(市民税、固定資産税、都市計画税、軽自動車税)を滞納していないこと。
   ・自治会に加入していること。

② 親世帯
  ・世帯全員が各務原市の市税(市民税、固定資産税、都市計画税、軽自動車税)を滞納していないこと。

わくわく定住奨励金HPへリンク

【 行政視察の私評】
地方創生の一環として、交流・定住人口増加を図るために、各務原市はわくわく定住奨励金事業を布いている。然し対象者の予見が他市と異なるのは、親世帯が市内に1年以上住んでいること。子世帯が転入前1年間各務原市に住民登録されておらず、 中学生以下の子どもを扶養していること。外に、各務原市外に住んでいて、親世帯または子世帯が各務原市内に新たに住宅を取得し、親世帯・子世帯ともに転居して同居を開始する場合の条件 や、対象となる住宅条件、申請要件も市民としての納税の義務を怠って居る者への姿勢が、当然のことながら厳しいが、公金を運用する者にとっては当然の市政であると感じました。

関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zyusaburo.blog.fc2.com/tb.php/779-c4fe3329
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)