FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
初志貫徹
豪栄道怪我に負けるな!

私は相撲が大好きである。観ることも好きだが、少年時代は相撲を取ることが何より好きであった。
TVで大相撲が中継されると、学校から帰ると近所のお宅にお邪魔しては、厚かましく中入りの相撲を欠かさず観戦をしたものである。このこともあってか、少年時代より「決まり手」については、いつの間にかかなり詳しくなっていた・・・

少年の頃の力士は、千代の山、栃錦、朝潮、若乃花、松登、大内山、、栃光、琴ケ浜や、若羽黒、安念山、北の洋、房錦、潮錦、鳴門海、岩風の四股名を思い出す。

中・高学生になると、柏戸、大鵬、北葉山、豊山の時代か。いずれの力士も古武士を彷彿させる風情があり、相撲内容も力士とは斯くありなんと体で教えてくれたといえる。
学生時代は、意識的にテレビを手元に置かなかった。只、土曜日は叔父宅にお邪魔し夕飯を頂くときはテレビで、玉の島(玉の海)、北の富士の相撲を観ては興奮した。両力士が大関から横綱となり将に全盛であり両者の取組みに熱が入ったものである。惜しいかな横綱玉の海の急死が、今でも人の運命の無常を誘うが、両横綱は私の記憶に残る名力士である。

そう言えば、少年時代に相撲をとって漫画に描かれるようなコブをおでこにつくった事がある。「えっ?コブってこんなに大きくなる」ものかと皆で驚いたが、ヨウチンを塗ると腫れは日が経つと退けたものである。今だったら学校は大騒ぎとなって、病院だ!検査だと救急車を呼ぶかの大騒ぎとなるだろうが、当時は大らかなものであった。相撲好きの少年たちの悩みは、コブよりも相撲をとるとベルトを掴むので、ズボンのベルト通しが、激しい動きに絶えられるほずれることであった。

閑話休題
豪栄道に、私は少年時代に学校から帰ると、決まってテレビ桟敷で見入った力士の原型をみるような気がする。
力士らしい力士と言える風貌があるからだ。安易に引くことを封印すれば、必ず横綱になれる力士だ。

今日から肩の骨折で休場との報であるが、豪栄道が土俵にのぼらない相撲は洵につまらない。ヒグマと見間違えるほどの大型な外国人力士に、闘志むきだしで相撲をとる姿が気に入っている。
怪我を信州の秘湯で治して、横綱を疾風の如く目指し、綱を張って欲しい。



H2705バラが咲いた

関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zyusaburo.blog.fc2.com/tb.php/772-96f2d1b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)