FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
各自治体はごみ処理施設整備事業盛ん
平成27年度長野広域連合議会行政視察

平成27年5月12日、平成27年度長野広域連合常任委員会行政視察が執り行われました。

其の1.特別養護老人ホーム須坂荘
 須坂市塩野町にある長野広域連合が設置主体である「特別養護老人ホーム須坂荘」が、平成26年度に行った工事箇所の執行確認と工事が計画通りに施工されたかを確認するために同施設を訪れました。

 小林施設長より、須坂荘の現状、職員の配置状況、入退所の状況、利用者の町村別内訳、、当施設の介護度別の利用者数、男女別年齢、年間稼働率、短期入居者、決算予算状況等について、詳細な報告を受けた後に質疑応答がなされました。

 本日の視察の主目的である、平成26年度に行った工事箇所の確認を行うために園内を巡察、工事の目的、目的に沿っての工事の施工として食堂増築工事、ナースコールの改修、トイレの一部改修工事箇所等の概括的説明を受けた後、園内を巡察して恙無く改修工事が計画通りに施工されたことを確信し、決算に向けた事業進捗状況確認のための視察を終了しました。

 本年度より法改正により、須坂荘を利用できる利用者が介護度3以上となったことや、平成26年度の退所者の状況の内訳では、23名の方々が該当し、具体的には死亡20名、転出2名、その他1名である実情を知るに、将に利用者にとって須坂荘に入所することは、ここが「終の棲家」であられることと思います。本施設が運営方針に掲げ目指している「やさしさ、おもいやり、気くばり」が、入園者の心のよすがになるものと期待します。職員が一人ひとりがより一層利用者に寄り添うやさしさが何事にも勝る心の結びつきと園内を歩き、入園者とあいさつを交わすたびに感じたことです。心穏やかに余生を送って頂けることに心を砕いて居おれる施設長はじめ全職員の皆さんは、心労が多いと思料しますが、使命感に燃えて頑張って頂きたいと念じます。


特別養護老人ホーム須坂荘


次いで、一行は岡谷市役所に移動しました。

其の2.諏訪湖周クリーンセンター建設地
 岡谷市役所にて、諏訪広域(岡谷市・諏訪市・茅野市・下諏訪町・富士見町・原村)のごみ処理施設整備計画の事業概要、事業経過、湖周地区の輩出総可燃ごみ量と予測、事業スキーム、DBO事業とは、事業効果、諏訪湖周クリーンセンター整備工事に関する建設概要、事業スケジュール等について、笠原事務局長外湖周行政事務組合職員の皆様より詳細説明を受けた後、質疑応答が為されました。

 小職は、視察を終えるにあたって、笠原事務局長外湖周行政事務組合職員の皆様の懇切、丁寧なるご説明に、長野広域連合福祉環境委員会委員長として、広域連合を代表して深甚なるお礼の挨拶を申し上げました。

 一行はその後、「諏訪湖周クリーンセンター」の建設現場である、旧岡谷市清掃工場を取り壊し、新たに建設されている同センターの工事現場に移動しました。同施設が平成28年度8月31日稼働に向けて突貫工事が進められている状況を現場で視察しながら、工事責任者に質疑応答の機会を得ました。議員各位の真剣な質疑と詳細な応答等に伴い、行政視察予定時間を凡そ30分超過しましたが、初期の目的を達することが叶いました。

 
諏訪湖周cc


関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zyusaburo.blog.fc2.com/tb.php/769-c3972b7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)