FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
いつの世も地震の怖さを忘れる勿れ
 
平成26年12月定例会・一般質問 その1

1.11月22日に発生した「長野県神城断層地震」について
   (1) 須坂市の被害状況について
     ① 各区長に情報収集をされたまとめについて。
     ② 市内では石灯篭や墓石等の倒壊被害はなかったか。

 質問要旨
11月22日に長野県北部で発生した地震は、長野市、小川村、小谷村で震度6弱、白馬村、信濃町で震度5強が観測され、大きな被害が発生しました。この度の震災にみまわれました皆様には、心からお見舞いを申し上げます。

地盤の強いと言われる須坂市は、震度4が観測されましたが、多くの市民は今までにない震度を感じられた様です。幸いに今回の地震では一人の犠牲者もなかったことが幸いであります。

須坂市も11月22日地震による警戒対策本部を設置し、情報収集と市民の不安を解消するための情報発信をされた、市職としてその職務に当られた市長以下職員の皆さんに、感謝を申し上げます。

須坂市の23日付ホームページに「現在、被害の詳細を調査中ですが、人的被害や施設の大きな損壊等も無く、須坂市内の施設及び業務は、通常どおり営業しております。」といち早く市の情報を搭載したことも、情報公開の意味合いから大切な措置であったと評価致します。

私は、須坂市には69の町区があるうち、福島町、中島、村山、相之島町の所謂千曲川沖積平野の揺れと、扇状地にある町場である町区、更に山間部にある東地区の町区とは、揺れ方が違うのではないかと疑っておりますが、何れにしても、今回の地震で須坂市は、被害がなかったことは何よりであります。

甚だ不謹慎な発言にとられるかもしれませんが、震度分布表に照らし合わせても、今回の地震で須坂市は地盤が固いことが実証されました。このことは、今後の須坂創生のための企業誘致等における工場用地等の造成並びに売り込みに「地盤が固い土地・須坂」が売りと考えますが、市長如何ですか。


関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zyusaburo.blog.fc2.com/tb.php/705-4a7d6867
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)