FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
聞くことの大切さ
聞くが七分語るが三分と心得る

監査委員として定期監査執行が10月10日から始まった・・・
この時期になると連日登庁し、原則、執行室に閉じこもり終日、監査を代表監査委員、議会選出監査委員、監査委員事務局長そして事務局次席と共に行う。今日までに23課署等の定期監査を終えたが、脳みそを濡れ雑巾と喩えるならば、夕方には絞りきってカラカラに乾いた雑巾のようになる思いである。そこで、須坂温泉の湯舟にどっぷりと浸かって、民謡の一節を唸って、脳に潤いを取り戻して翌日に臨むこととしている。

閑話休題
当市には中央公民館を主管として、名称は多少異なるが数えると10の地域公民館がある。
定期監査のこの時期に、今日まで6ヶ所の地域公民館に出向いて監査を終えた。
出張ってあれこれと各館の長の説明を受けて感じることは、夫々の地域公民館は、独自性を滲み出そうと苦心し、地域のために力いっぱいあれこれと妙案を練っておられることが、提出資料と合わせて掴み取れることが嬉しい。
地域公民館長の夫々のカラーを十分に承知しての、聞取り作業は正直疲れるが、聞く耳を持つことの大切さを、監査委員は最も必要な姿勢であると最近は感じている。

連日の監査執行で様々に市職員との対話を持つ機会を与えられてことを感謝している。職員からの聞くことを七分、語るを三分と心得て、今日はどんな資料説明をしてくれるのであろうかと、楽しみにして毎日登庁している。

関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zyusaburo.blog.fc2.com/tb.php/681-cba75de8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)