FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
気分転換
冠着山を越えて中信更に南信に足をのばす

先日、久々に長時間高速道路を走って移動した。
一般道と違って、信号が無い分ICの合流点を注意さえすれば、道路への飛び出し等も無いのでさほど神経を使わないで運転できる。それが高速道路の最大のメリットであるが、長野道は松本まで平日であったこともあり、空いていて快適であった。

高速道路の恩恵がこの北信地方にもたらした当初は、不慣れもあって高速道路を走ることに緊張した。80kmにスピードをあげると手のひらが汗ばんだものである。更にトンネルに入る瞬間、一瞬フラッシュ状態になることが正直怖かった。今では80kmで走行していると、ボンネットにハエが止まりやしないかの錯覚に陥る。トンネルに入った瞬間も今では何ともなく眼が慣れる。いや寧ろ何とも言えない爽快だ。

然し・・・長いトンネル内をテールランプを点灯しないで走行する車には不快感を覚える。テールランプが点灯していないことは、前照灯も点いていないこととなる。無灯火で後ろにピッタリ車を付けられての走行は気分が悪い。これはマナーの問題なのか、安全上の必守義務のか何れにしても迷惑千万である。スピード狂が縫うように高速道路を追い抜く様は呼びとめて、「いい加減にしろ」と頭をこかしたくなる。特に折角車間距離を保って走行している吾輩の前に割り込むドライバーにはもの申したくなる。「下手な追い越しをするな}と・・・

時にはハンドルを握って住んでいる町から遠ざかった方が気分転換によい。まして毎日同じようなことの繰り返しの私には、見知らぬ町の見知らぬ温泉につかり骨休めをすることが、これが極めて出不精の解消になる。初めての温泉施設でありながら、風呂上りに半時あまり爆睡できる特技は、これは慣れと言うべきか。私は日本の治安が良いという証拠であると思っている。

いまどきの温泉施設は、有料施設を利用するに入場券を払って入ることとなるが、入浴するかしないか関係なく施設に入るには入浴券を買わされる。これによって、殆どの温泉施設は休憩場の利用が可能である。中野市の温泉施設は、「入浴だけ」だと安い値段に設定されている。施設のある地元の人や、入浴が目的の行楽客への配慮と思われるが、公営施設ならではの配慮と感心している。

さあ、家族の元気な再会も叶った。上手いものも食べた。風呂にも入り、十分に眠り鋭気を養えたので、気をつけて家路につこうと復路の高速にのった。帰路は更に車の数も少なくドライブ日和であった。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zyusaburo.blog.fc2.com/tb.php/649-7a68274b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)