FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
同床異夢
雉も 鳴かずば射たれまい

昨日は郭公の初啼きを観測した。信州は歳時記として季節を問えば初夏と表現したいが、気象学的に気温の高さから追えば、もはや夏と言える。それはさて置き、郭公を一年振りに聞いたということは・・・一年年老いたことか・・・

午前4時と言えば早朝でありうっすらと辺りが白むころ、文字で表現すれば「あけぼの」の時刻となろうが、近年初夏になると、我が家のごく近くにある野鳥の棲みかからの、鳥のさえずりで不快に眠りから起こされる。聞き慣れている雀のさえずりは、今少し時間的に遅く心地好いものだが・・・

雀より少し大柄の飛来する渡り鳥であるが鳥の名前は知らない。言えることは、極めて耳障りな啼き方をする鳥で、将にこの辺りの住民にとって厄介な嫌われ鳥である。地球環境の異変が遥か南方の鳥が、この信州に飛来するようになったのだろうが、さえずりがどうも耳に馴染まない。「雉も 鳴かずば射たれまい」の譬えがあるが、私が「狩人」ならば、一番最初に仕留めたい獲物であろう。

そういえば、人間社会にもこの類いの御仁がいる。阿呆鳥の異名を待つ程に小うるさい。かって愛玩動物としてスピッツという種類の子犬が一世を風靡したが、この子犬も兎に角「キャンキャン」と吠えまくる犬であった。鳥様々、犬様々、人様々である・・・


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zyusaburo.blog.fc2.com/tb.php/625-312404fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)