FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
漁歌水心
信じていたものはなにか

この時期、日本中がソチオリンピック2014のライブを観戦するために睡眠不足ではあるまいか。国の威信を賭けて選手の皆さんがもてる力を遺憾なく発揮され、見事栄冠に輝くことを期待してやみません。

私は、オリンピックの勝敗に、国民がや観客が一喜一憂している姿を見ていてふと感じたことがる。学生時代に盛んに読んだ、言わば私にとっての人生のバイブルである、吉川英治著の「宮本武蔵」6巻である・・・

「武蔵と佐々木小次郎の求めたものは何であったか」が沢庵和尚によって智の偉大さを知らされた武蔵が求道したものは何であったか・・・

宮本武蔵は6巻に綴られた、凡そ1500頁に上る長編小説である。団塊の世代以上の人たちの多くの心を捉えた小説である。私はこの本の末尾の空欄に「我、精神たるみたる時 之の書を読まん。昭和46年5月」と記している。省みれば人生の辛酸をなめるときは心中穏やかでない。心の縁(よすが)として「宮本武蔵」を読み返した記録でもある。

文豪吉川英治が記(しる)した、たった3行。文字にして56文字であるが、この件(くだり)こそソチオリンピック2014に出場し日本の栄誉を担う選手諸君に声援にそえて届けと念じている。

否々、メダリストは、自ずからこの3行、56文字を修得していた選手であり、栄冠をもたらすと信じる。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zyusaburo.blog.fc2.com/tb.php/572-3ceb1303
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)