FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
北陸新幹線の新大阪開通を願って 3
平成25年度2会派合同視察 その3 小浜編

今回の第2次行政視察の3日目、我々一行は若狭ルートを更に確認することとした。若狭ルートは小浜市~亀岡市経由で新大阪に結ぶとされるルートであるが、小浜と亀岡は地形的に山また山の地形であるために、この山塊を迂回する形で鉄道が走っている。そのため一行は亀岡から山陰本線で綾部に出て、綾部駅で舞鶴線に乗り換えて東舞鶴駅に向かい、そこで更に小浜線に乗り換えて小浜駅に至る実に亀岡駅を13時43分に発って、小浜駅に漸く16時19分に着く。凡そ2時間半を要するルートであるが、仮に小浜~亀岡間が新幹線が開通した折は、多分30分も要しない時間で結ばれるであろうと思われる。

北陸新幹線を一日も早く新大阪まで結ぶことが、東日本大震災によって大きく認識が変わった国民の防災意識と、万が一大震災が発生した際における国民の生命と安全確保が必要である。今年の正月三日、東京駅近くで起きた火災は、東海道新幹線をマヒさせてしまった。帰省客は足止めを東京駅だけでなく大阪駅でも利用者は足止めされた。仮に、現在北陸新幹線が新大阪まで通じていたならば、正月三日の東海道新幹線のマヒは回避されていたであろうとだれしもが感じた

この意味からも、東海道新幹線の代替補完機能を重視すれば、北陸新幹線の一日も早い開通を望むものであり、東海道新幹線を全く併用しない若狭ルートの必要性を唱える識者の発案が光る。なるほど、新大阪から直線的に日本海の小浜に向かう若狭ルートが最もベターだと素人の小生も頷ける。何れにしても敦賀駅が北陸と近畿の3ルートの分岐点であることは間違い無いが、3ルートのうち若狭ルート(小浜経由亀岡)の中間点として重要視されているのが小浜市である。一行は亀岡から2時間半をかけて、小浜商工会議所を訪れて北陸新幹線に託す意気込みを伺った。
                   記
1.北陸新幹線金沢延伸に係る敦賀以西のルート案に関する主要都市の取組みについて。
2.北陸新幹線に期待される東海道新幹線の代替補完機能の現実性についての地勢的確認調査。
3.視察地における、北陸新幹線延伸を睨んだ広域観光並びに商業振興策の取組みについて。


小浜駅前商店街
小浜駅から小浜海岸に至る商店街


関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zyusaburo.blog.fc2.com/tb.php/560-b916a409
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)