FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
聞き慣れない笑い声
擬声語か方言か外国語かややこしい

 忙中有閑というが、閑を見つけては毛布持参で私は温泉に出かける。入浴前に必ずひと眠りをすることがパターンであるが、この屋の自慢のそばで腹拵えを終えると、いつものように仮眠をとることとした。
しかし・・・
うたた寝を決め込んでいる私は、「ウェン!ウェン!ウェン!ウェン!」」という咳込むような奇声で眼が覚めた。咳込んでいるかと思うとどうやら笑い声なのである。
 
孫と思われる幼子に「そば食べな。ウェン!ウェン!ウェン!ウェン!」
「旨いか。ウェン!ウェン!ウェン!ウェン!」
「そうなんだ。ウェン!ウェン!ウェン!ウェン!」
と大きな声で喋った後に、咳込むような「ウェン!ウェン!ウェン!ウェン!」を発して笑う・・・

どこぞの方言なのか?少なくともこの辺の方言とは思えない。耳慣れない笑い声に徐に身を起して、隣りのテーブルに居座る笑い声の主を確かめてみたところ、六十がらみの女性であった。

「ウェン!ウェン!ウェン!ウェン!の笑い方は、擬声語か方言か外国語なのか。ややこしや、ややこしい。
折角の骨休めも、隣りのテーブルで「ウェン!ウェン!ウェン!ウェン!」と大声を立てられては安穏と休めない。
ここは仮眠をあきらめて、いつもより早く私は入浴することした・・・

ところで・・・
この温泉の大湯は熱い! 兎に角熱い!
然しこの湯を殆ど毎日利用する集落の人々は慣れっこで平然とお湯にひたる。老いも若きも小学生までもが平然と湯に入る。しかも首までどっぷり入る。見ると親も子も孫も信州は山ノ内にある渋温泉の地獄谷の猿様とそっくりな恰好をして、心地好い顔をして湯に入っている。
私も負けまいと澄まし顔で入浴しているが、拷問と感じる程に熱い!そのうちに熱いお湯に入り続けると、なぜか熱いのに寒気が走る。
そこで、これは遺憾と湯舟を飛び出して、湯舟の縁に座りほてりを冷ます。厳寒のこの時季のほてりは直に治まるので、そこでまた湯ぶねに入り体を温めることとなる。

何故こんなに日本人は温泉好きなのであろうか。理屈は無用だ。温泉は体を温め、心をほぐしてくれる。
「ウェン!ウェン!ウェン!ウェン!」はいつしか忘れていた・・・

湯から出て大広間に戻ると、あんなに混んでいたのにがらんとしていた。人々は引き際を知っているのだと感じた。私も麦茶を飲み干して退散することとした。



関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zyusaburo.blog.fc2.com/tb.php/556-7aed890c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)