FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
市民は主権者
第12回3会派による合同議会報告会

平成26年1月18日(土)午後1時30分より、シルキーにて凡そ50名の参加者を得て執り行いました。

第1部。 12月定例会の報告     
12月議会で上程された一般会計補正予算についての争点、議会に提出された請願についての採択についての課程を説明をしました。

第2部。3会派の調査研究発表と意見交換会として
わざわざ店等開設支援事業についてと、須坂温泉のあり方についての問題点の検証を、3会派は2班に分かれて調査・検討を繰り返して結論を出した結果を市民に提唱しました。

その後、参加者との質疑応答と意見交換に移り、①秘密保護法の採択の課程について詳細に説明されたい。②補正予算松川墓地の移転補償費について。③わざわざ店事業の補助金を受けた者の廃業等の顛末について。④須坂温泉のあり方における項目に「廃業」の選択も加えてはどうか。⑤わざわざ店事業に関しての議員提案をなされるべきだが。⑥観光客の誘客に耐えうる須坂温泉をグレードを上げるべきだ。⑦議員が抱く「にぎわい店事業で商工会議所が負う機能役割」とはなにか。⑧元気な街にするためにも商工会議所との協議の場を持つべきである。⑨須坂温泉と湯っ蔵んどの共存共栄はありうるのか。⑩須坂温泉のあり方は専門家の手による経営分析が必要だ。⑪時代に順応した須坂温泉の経営が必要だ。⑫経営者の適格性について。⑬ショッピングセンターの再生策について等が参加者より質疑、意見が寄せられました。  


第12回3会派議会報告会


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zyusaburo.blog.fc2.com/tb.php/555-fb61b5ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)