FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
たかが・されど賀状
不知消息

この時期の太陽は天空を低く這うように一日を過ごす。このため太陽の高度は家屋の庇と並行となり、陽射しは家屋の奥まで届く。縁側、居間更に勝手まで深入りする。普段陽の当らない場所にまで普く温もりを与える。こんな時期の太陽が私は大好きである。

年が明けて早や7日が経った。
年に1回の年賀状のやり取りだけの付き合いになってしまった友人もいる。その意味でも年賀状の往復は「生きているぞ」の消息を込めた意味合いが強いものである。にも拘わらず未だに数人の友人から賀状が届かない・・・

年賀状は様々な人生の綾を織りなして、繰り返される年に一回のこころのやり取りである。
齢(よわい)を数えるほどに、年賀状は心の縁(よすが)と変わりゆくもの。
未だに返信がないことは、これは幼い頃に遊んだ糸電話に似ていなか。
糸電話は糸が弛むと用をなさない。思いが通じない・・・
臥床なのか・・・ 介護施設に・・・ 生きているならば・・・
名前だけの賀状でもいい、それで十分だから投函してくれ
友とは、友とは かくありなん・・・

関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zyusaburo.blog.fc2.com/tb.php/551-b003183a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)