FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
伊那谷を活性化するために
長野県内をより早く結ぶために


現在の中央線での長野駅と名古屋駅間は3時間の所要時間を要します。今年は様々な研修会なり公務で4回ほど名古屋と往復しましたが、つくずくと「何とかならんのか」と感じました。

私は、長野県の政治・経済や観光振興の発展は、松本駅と長野駅間を快速電車で30分位で結ぶことに尽きると考えています。松本⇔甲府間、松本⇔飯田間のJR所要時間を現在の半分にする必要性も感じます。それにはリニア中央新幹線が中津川と飯田間をトンネルで結ぶ折に、併せて在来線のトンネルも掘り、中央線を中津川からトンネルで伊那谷に進路変更して飯田に直結し、駒ケ根・伊那・塩尻、松本と中央西線を替えることです。

これが叶わないならば、将来の構想として、松本以北の人たちが名古屋駅に出るには、長野~松本~塩尻から伊那谷に直通で入り、伊那、駒ケ根と進み飯田駅でリニア新幹線に乗り換えて名古屋駅にでる手段ですが、何れにしても中央西線を江戸時代の名残の中仙道沿いに走らせるのではなく、飯田線を中央線とすべき時代の要請があります。何れにしても、伊那谷に鉄道交通のインフラ整備をもたらすことが重要と考えます。曲がりくねった現在の飯田線はスピード化に対応できません。今ある飯田線の直線を図るか、中央自動車道に並行して、新たに直線的な線路に敷設替えを図るべきです。

この取り組みを南信や中信の地域の課題として捉えるのではなく、県内の全市町村の課題解決として捉え、飯山から飯田まで長野県の背骨を貫くことが必要で、このことを県内の市町村の課題として実現することが、長野県全体の活性化につながると思います。その意味でも加藤新長野市長と菅谷松本市長の連携と長野市と隣市須坂市の連携が、県内の人の流れ、物の流れを大きく変えれると確信するものである。松本市の交通アクセスの改良が長野県をより絆の強い県民を育むと信じる。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zyusaburo.blog.fc2.com/tb.php/540-38f4feb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)