FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
惜しいかな惜しいかな
これぞ将に燻し銀の歌声

歌手の藤圭子さんが自ら命を絶ってしまったが・・・

藤圭子さんは、我が団塊世代において、なぜかインパクトのある歌手であった。
存在感のある歌手であり、彼女のヒット曲と団塊世代の世相が、何故かオーバーラップする。
我々団塊の世代は、青春時代に彼女の怨歌とも艶歌とも表現されるが、彼女の歌声に聞き惚れたものである。
なぜならば、彼女の唄い方には喩えようのない深みがあった。
聞き終えた後に、お寺の鐘のように余韻がこころの裡に残ったからである。

二十代の後半であっただろうか、あるとき仲間と彼女の魅力について語り明かした・・・
特に、テレビ局に勤めている友人は、直にスタジオで彼女を見ていることもあって、観察力鋭く解き明かした。自ずから彼女への造詣も深くなり、スタジオで彼女を観ている故に説得力のある分析であった。

口角泡を飛ばしての内容は・・・
〇彼女の唄には哲学がある。
◇うむ、同感だ!
〇彼女の「ばかだなぁ、ばかだなぁ・・・」の歌い方は天下逸品だ。
◇俺もそう思うよ
◆言われてみればなるほど・・・
〇絞り出すような歌い方が心を揺さぶる!
◇小節をやたら使う歌手とは違う違う。
□単にガナル歌手がいるが、彼女は本質的にガナラない。
◆応援歌じゃあるまいに、ガナルことは心を揺る動かさない。
〇終始ffで1本調子の歌い方をする歌手がいるが、抑揚ということばを知ってんだろうか?
◇ffでガナル歌手なんぞは、歌謡曲は3分間のドラマという感覚に欠けているんだ。
〇そこなんだ、彼女は「圭子節」という独特の味をもっている。
◆歌も良いが、彼女の涼しげな瞳がいいじゃないか。
□じーと見つめる目が最高と思わないか?
〇黒目がちの瞳が哲学そのものだ!
◇いや彼女の長髪お河童が魅力的だ。
と、声から容姿まで彼女を肴に、新宿のビアガーデンで時を過ごしたこともあった・・・

私は、最近You Tube で「藤圭子歌謡浪曲」シリーズに填まっている。
他の歌手との競作を聴き比べると、藤圭子はやはり一味違うと感じる。
どこが違うかと言えば・・・
途中で停止クリックを操作することなく、最後まで聴き惚れる違いであろうか。
情景を彷彿させる
情緒豊かである
何故かこころを揺さぶる・・・
聴くほどに歌謡曲が一服の清涼剤のようだ。
私には彼女の歩んだ人生の襞(ひだ)、こころの襞が読みとれる。
不屈の叫びとも感じる・・・

彼女の燻し銀の歌声は天与のものであった。
屹度、彼女はこれから更に再評価されるであろう。

テレビ局に勤めていた友は、惜しいかな還暦を迎えないで逝ってしまった。
上京するときも一緒であった刎頚の友の死は、私の自慢の友であった分
ぽっかり空いたこころの隙間が中々埋まらないでいる。
折節に亡き友が、藤圭子の熱烈なファンであったことを思い出す。
今夜はやけに「藤圭子の魅力」を熱っぽく語った友を思い出す・・・
友を偲んで、藤圭子さんを偲んで今夜もYou Tube に浸ろう・・・


関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zyusaburo.blog.fc2.com/tb.php/506-753f096e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)