FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
秋の虫交響楽団
秋の虫たちの楽章のない演奏会の開演だ

時は午前4時をいささか廻ったようだ・・・
私は「秋の虫交響楽団」の演奏会でたたき起こされた
演奏会はいよいよ佳境に入っているようである

この時期の我が家の廻りは、「秋の虫」たちの音色一色である。
虫も一匹が数匹となり更に数が増えると
これは最早侮れない音量となる、演奏はフォルテシモだ
秋の虫たちの演奏会がたけなわとなると
とてもとても寝てなどいられない
騒音ではないが、主正直言って招かざる客である

自然が豊かな証左であると都会に住む人たちは羨むが
然し、とても秋の虫たちに演奏会を止めてくれと言っても聞き入れる相手ではない
招かざる訪問者でもあるが怒れない
寧ろこの一時期を楽しむこと然りであると
あきらめて布団の中で聞き入ることとしている・・・
するとどうだ!恰も草むらの中に寝転んでいるような錯覚に陥る・・・

盆前にはソロ演奏していたものが・・・
てん、てん、照りの猛暑も最近の朝方は気温も20度を下回るので、
「秋の虫」たちのの種類も増えている

僅か十日ばかりで季節は移ろい、仲間が増えてカルテットとなり、
今では畑のあちこちに奏者が陣取り
野っ原の交響楽団が立ちあがった・・・

しかし野っ原の交響楽団は楽章がない
個々の虫が趣くままに奏でるものであるが、それが微妙なハーモニーとなる
弦楽器、金管楽器、木管楽器の役割をそれぞれが担っているようだ
夜が明けて来ると 雀が眼を覚まして 演奏会に飛び入り参加をする
このさえずりがピッコロのようで亦最高だ
雀以外の野鳥のさえずりはシンバルのように甲高く耳に届く

真夜中にニ度と同じ楽章のない野外演奏会に招待されて
眠気眼で聴いていたが・・・
やがて・・・
私は布団の上に寝転んで、贅沢にも一人で「秋の虫交響楽団」の演奏に聞き入っている・・・
秋の虫たちの夜毎のご招待に感激だ


街が眼を覚ました
人間社会の営みは様々な騒音を生じさせる
「秋の虫交響楽団」の演奏は続いているが
いつしか街の騒音にかき消されて
ピアニシモになって聴こえなくなる

夜空の星が昼間出ていても
太陽の明るさに掻き消されるのと同様に
「秋の虫交響楽団」の演奏も
人間社会が発する様々な音にかき消される・・・


 往く夏や 今年も聞けたや 秋の虫  寿茶
 うっすらと 空あけゆくも 秋の虫  寿茶
 耳さえて こころ癒され 秋の虫   寿茶
 
関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zyusaburo.blog.fc2.com/tb.php/479-f8e7637e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)