FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
疑心暗鬼
憲法は久遠の国の理想を唱えるもの

どうも最近、日本の法治体制が狂いはじめているように思えてならない。
憲法の法律的解釈論を以って、憲法が掲げる基本原理を変えることは、これは「憲法の変遷」であって、決して許されない。これを安易に許せば法治国家は綻びを生じ、やがては民主主義国家が亡国につながるのではないか。

憲法はそもそも主権国家たる要件を備えた国家が制定しうるものであると考える。「主権国家・日本」とは何かをこの時期に国民は自ら問い質すべきである。

憲法改正を正々堂々論じることは、国民の権利でもある。この論議を徒に禁じれば、日本国憲法は「不磨の大典」に陥り、憲法で保障する「言論の自由」を奪うこととなるので否定はしないが、それ故に「憲法の変遷」の手法を国民は許してはならない。

法格言に「権利の上に眠れるものこれを保護せず」とある。いまこそ我々は、国政、県政そして市政の主権者である自覚を持ち「お任せ民主主義」から目覚めなければならない。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zyusaburo.blog.fc2.com/tb.php/475-5cd4a8fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)