FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
旨いものは忘れない
銀座は旨いものとの出会いでもあった

久々に「みそラーメン」を食べたくてこの店を訪れた・・・
流石にこの店は、平日にも関わらず当市でも「みそラーメン」の旨いと言う評判の店だけあって、席を数えると40席は余うにあるが、殆んど埋まっていて空き席を待つ人が入口に陣取るぐらいでの盛況である。市内には旨いと言われるラーメン屋も、少し繁盛すると店主が従業員に任せて店を空ける様になると、客は等閑の味の違いに気づき、味の微妙な違いは客足を遠のかせる。気が付くと駐車場はガラガラとなり、往時の面影を留めない店もあるなかで、この店は客足が少しも絶えない・・・

出されたラーメンのスープをれんげで口に含み味を楽しむ。次いでもやしを箸で摘んで口に運んだ・・・
すると、どうであろうか遠い青春時代の銀座が思い出されてくるではないか・・・


東京・銀座は食べ物の旨い土地柄である。
三丁目の「サッポロ本舗」というラーメン屋の「みそラーメン」は、上京したての私には田舎には無かった味と麺の太さが驚きであった。私の育った北信地方のラーメンは醬油味であったが、信州の味噌文化で育った私には、味噌の味付けに何の抵抗も無く、今までに経験した味でなく寧ろ飛びきり旨いと感じた・・・

銀座は出前の盛んな地であったこともあって、この店の出前を頼んでは食べたものであったが、ある日の夕方私はわざわざこの店に足を運んでたべた時の、出前の味と店で食べる味の違いが初めて分かったものである。もやしのしゃきしゃき感、白菜の甘み、ピーマンの風味そして麺の程よい硬さとスープと、益々この店の「みそラーメン」に」に虜になってしまった。銀座を離れるまで私はこの店の虜になった・・・

ああぁ、あの味が堪らない!遠い遠い昔の銀座の話であるが、もう一度食べてみたい味である・・・
銀座は僕の青春の街だ・・・

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zyusaburo.blog.fc2.com/tb.php/471-428d3822
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)