FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
覆水盆に不還
詭弁としか思えない

初咲きの朝顔から凡そ1ヶ月が経った。今朝の我が家の庭には朝顔が何と72もの花が咲いてくれた。夏盛りと言え自然の恵みに感謝をしている。

閑話休題
麻生副総理の憲法改正に絡む、「ワイマール憲法はいつの間にか変わっていた。誰も気がつかない間に変わった。あの手口を学んだらどうか」の手口に関する発言内容を、昨夜のTVニュースで観たが、あれだけ映像と音声が残っているのに対して、ナチス発言撤回は、釈明の名を借りた詭弁でしかない。

法学徒であれば、日本国憲法を学ぶ過程で必ず登場するのがワイマール憲法であり、この憲法の悲劇な末路を知っているだろう。学生時代の講義を思い返すたびに、憲法といえども邪悪な為政者の手口には、憲法の理想も保障もないことを戒めとして、憲法を見守って生きてきた筈である。私は憲法のもろさの例示を学生時代あれこれと想定したこともある。将に副総理の発言は邪悪な手口の例示に他ならない。

私は、市議会議員となって一般質問の機会を得る中で、「憲法の鼓動が聞こえる街・須坂」と銘打って憲法の抱える課題を訴えて来ている。議員として憲法を遵守する気持ちと憲法を護る気持ちの抱き合わせが、そうさせているものかもしれない。現職の国会議員が現行の憲法を蔑ろにし、況や「誰も気づかないうちに憲法を変える手口」を模索している魂胆は、「衣の袖から鎧が見える」諺もあるが、副総理の真意が現行憲法の瓦解を企てるものであるならば、このことは憲法代98条、並びに憲法第99条に抵触する発言であり、表現の自由で保障されている権利として保護しきれない発言であろう。憲法を遵守できない人は少なくとも選挙を経ての公人で居座ることは許されないものである。

「覆水盆に不還」の譬えもある。為政者も重職にあればあるほど、発言の責めは重いものぞ。


H250704朝顔初咲き
関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zyusaburo.blog.fc2.com/tb.php/468-ca21651c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)