FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
切磋琢磨
委員会調査研究は貴重な一般質問補完の場である

一般質問の持ち時間が30分しかありません。毎議会凡そ10ぐらい一般質問の課題程抱える私は、通告に伴い質問を絞って絞って、5から6問に落ち着きます。とても持ち時間30分では「今でしょ!」の重要な課題の解決のための提唱が全て行うことができません。
そこで、私は一般質問で総論部分を掲げた課題と、時間的な都合で一般質問で質せなかった絞りで外した課題を、常任委員会調査研究の場で、これらの各論として所管課に問題を投げかけております。

私が今議会の一般質問で市政を質した内容は、6月20日から25日にかけてのブログをご参照ください。

閑話休題・・・
26日開催された予算決算特別委員会総務文教分科会、並びに総務文教委員会の調査研究において、以下の課題を取り上げ、一般質問の補完として市理事者に質しました。

①阿部知事が発言された「首長の教育長任命{あり得る案}について。私は、教育長に一任する教育行政に注目しています。
②須坂市も職員並びに議員が勤務時間中(議員は議会内議員活動中)は全面禁煙に踏み切ることについての提言。
③市内15小・中学校災害備蓄品について。
④国内・県内の児童虐待・体罰・いじめの実態と、相対的に推測される市内の実態把握について。
⑤増える3歳未児の対応と認定子ども園の改修補助金交付について。
⑥マイナンバー法の弊害と危険性について。イギリスでは廃止された事実について。
⑦人権同和教育課において、マイナンバー法、成人被後見人の選挙権について、基本的人権の課題として、討論会等で、協議の場で、人権がきちんと養護されているかの検証が為されたか。
⑧支援学校に幼稚部創設の必要性についての提唱。
⑨市内の認定子ども園創設に関して、市が主体的に市内の幼児人口を睨んで、保育施設の需要を想定しての私立幼稚園間の調整を図るべきことの必要性を提言。
⑩消火作業中における、署員の「放水止め」の動作と責任ついて。
⑪日本国憲法代96条を安易に改正することの危険性について陳述しました。
⑫給食センターの調理室内にある全ての調理機材は、児童・生徒に安全な給食を提供する為のものであり、すべてが消耗品と捉え、一定期間の使用期間を使用した場合は、躊躇なく部品の交換をすべきことの重要性を提唱。
⑬他市町村で発生した火災の消火活動に「応援協定」の名の下に当市のはしご車の出動経緯について。
⑭今年の4月19日午前1時59分頃局地地震が発生。局地地震のこともあって報道機関では報じられない。然し市民は不安な夜を過ごすこととなる。地震情報を市民に知らせる手立ての検討をされたい。
⑮給食センターを仁礼地区の打診する行為は、果たして最終処分場とは無関係と言い切れるであろうか。仁礼地区に移転建設することは、明らかに正当性を欠いた発言と言える。市内11校の小学校と4校の中学校の位置と標高差を資料で示し、須坂百年の計として思料した場合に、給食センター候補地の適地選定の必要性を説きました。
⑯地方分権とは何ぞやに、自論である自治体の責任、矜持と市民の自覚を、請願審査で発言しました。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zyusaburo.blog.fc2.com/tb.php/453-586900e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)