FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
先憂後楽
平成25年6月定例会一般質問要旨 (2)


2.市民の個人情報を守るために、この課題を取り上げました。

(1)マイナンバー法について。
 全ての国民に個人番号を割り当て、番号を活用して効率的に社会保障や納税などの情報を一元管理・運用するマイナンバー法が5月24日成立しました。
2016年1月からの利用に向けて、県や市は、運用システムの構築や住民票コードを基に、住民個々にマイナンバーを割り振る作業を、進めるとのことであります。

2002年に導入された、「住基ネット」は果たして、須坂市民にとって有益であったのであろうか。市の行政業務で市民にとって果たして有益に、その目的を果しているのであろうか甚だ疑問です。

アメリカや韓国では、番号が盗まれたり、インターネット上に流失しての被害が、報告されているとのことです。亦、イギリスは個人情報を一元管理することへの批判が高まり、施行から10年後に廃止されているとのことです。個人情報の漏洩問題や行政と国民との関係が、管理型で国民にとって自縛社会になってしまわないかが心配です。国家が行った年金管理・運用も、あの杜撰な運用で国民から信用をなくしているではありませんか。民主主義社会を守るために、常に国民は国家(権力者)に対して、猜疑心をもっていることが大切と感じます。

行政手続きは、申請してから早く許認可が出ることは結構なことですが、それと引き換えに、行政手続きの迅速化の名の下に、個人の情報が勝手に引き出されることを望んではいけません。対行政に対しては、必要書類は追完する位の心の余裕が民主主義社会を守れると思っています。

この制度を構築するには、初期投資で2700億円ほどの費用がかかるといわれています。須坂市の負担は果しでどのくらいになるのであろうか。毎年の運用費もどれほどなのでしょうか。国民のちょっとした「ずく」出しでこれらは不要になる費用と思えます。



関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zyusaburo.blog.fc2.com/tb.php/445-ffffb902
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)