FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
先憂後楽
平成25年6月定例会一般質問要旨 (1)

1.市民の雇用の場確保と財政確保のために。以下の課題を取り上げました。

(1)平成25年3月市議会以降の経済動向等について。
かっての自治体の長の評価は、統治哲学があるか否かが重要と言われました。然し、今や自治体の長は政治哲学プラス、経済と表裏をなす地方税財政の展望が利くかが強く問われています。

6月5日開催された全国市長会決議で示された、「真の分権型社会の実現を求める決議」のうち、「地方税財政の充実の強化」が将にその表れであります。なぜならば、地方分権を支えるものは、自治体の税財政に基づく経営能力にほかありません。総理大臣の「アベノミクス」同様に、須坂市にとっては「ミキノミクス」に市民は関心を寄せております。

三木市長の「招集あいさつ」のうち、経済状況の項目は説得力があります。市内製造業103社に調査された確かな情報の裏付けがあるからかなと感じます。

私は3月議会で、デフレ脱却のための施策としての「アベノミクス」を取上げました。然し3月時点では第二の矢止まりでありました。安倍首相は6月4日「アベノミクスの第三の矢・成長戦略」を発表しましたが、市長に成長戦略第3弾の骨子を踏まえた答弁を求めました。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zyusaburo.blog.fc2.com/tb.php/444-b9c9fba7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)