FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
ラジオの恩恵
ラジオと善光寺平

ラジオとの付き合いは団塊の世代である私には、身近なものであり、接した時間帯はそれこそ人生の殆んどかもしれない・・・
ラジオの出会いは、祖母が聞き入る浪曲であったかもしれない。小学校低学年の頃には、「少年探偵団」も必ず聴いた。新聞配達をしている少年時代は、家庭から流れる松下電器提供の「歌のない歌謡曲」が、新聞を配り終える目安としたものである。

この頃になると「鉱石ラジオ」か「ゲルマニュウムラジオ」を持っていることが自慢であった。大きなイヤホーンを耳にあてがって、鉱石ラジオを聴いたものである。然しこのラジオの難点は、常に一定の音量であることであるが、電池が全く不要なので、非常用ラジオとして普及すべきと思っている。

高校時代にトランジスターラジオが流行った。このラジオでNHK第2の長寿番組基礎英語を聞き流したことや、旺文社の「大学受験ラジオ講座」も聞き逃すまいと必死に聴いたのも遠い遠い思い出である・・・

 東京時代は放送局が多くて寧ろどの局にするか迷ったものであるが、NHKの「夢のハーモニー」や民放の「キューピーバックグランド・ミュージック」かな。明治製菓の夜間の貨物列車が通り過す情景を取り入れての番組は、上京したての私には望郷の念を強く抱く番組であった。FM東京の「ジェットストリーム」は、下宿の4畳半をなぜかしら都会の高層ホテルのラウンジにでもいるような、夢心地の雰囲気にさせてくれるものであり、1日の締めとしては聞き流す番組であった・・・

 都会生活から田舎に戻り、どっぷりと田舎生活を続けるとラジオは更に身近なものとなる。田舎は交通が不便で車を自ら運転できないとどこにも行けない。車に乗ればおのずからラジオのスイッチを押す・・・

 この善光寺平を離れて行政視察なり現地視察に出かけるとき、私は必ず形態ラジオを持参する。どうしても毎日聞きたい番組があるからであるが、目当ての番組にダイアルを合わせても明瞭に聞こえない。ラジオの難聴地域が多いことに気づく。というよりも善光寺平のラジオの受信良好状態に感謝すべきなのであろう。


関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zyusaburo.blog.fc2.com/tb.php/428-30f3ae25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)