FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
江戸時代からの仕来たり
平成25年度春境沢町の地蔵尊祭り

境沢町には江戸時代からお地蔵様があり、当時の村民がこのお地蔵様をお護りをして今日に受け継がれている祭事がある。医療が発達していなかった江戸時代に、村内の子どもたちが疫病や怪我から免れて健やかに育つことを、お地蔵様のお力に御すがりしていたことは想像がつく。子どもたちをお守り戴く願いとお礼を兼ねてお地蔵様に感謝を申し上げるお祭りであるが、平成の現在は境沢町区若葉会(敬老会)がこの栄えある祭事運営を受け継いでいる。

境沢町公会堂は、そもそもかってこの地に信行寺(浄念寺の末寺)が建立されており、その跡地に建築された経緯があり、この地蔵尊祭りには浄念寺の代々のご住職様がお出張り下さって、お地蔵様にお経をあげてくださるのが慣わしである。江戸時代後期から脈々と行われている境沢町が誇る伝統行事である。市議会議員、町役員、境沢町商工会長が来賓として招かれ、町内の子どもたちの健やかな成長を願って焼香し、その後酒宴を張って役員の労苦を労った。

H25年春境沢町地蔵尊祭

H25春境沢町地蔵尊祭典酒宴盃の儀


市道の歩道補修工事

連休の狭間である5月2日、境沢町住民から「境沢町南交差点の歩道の敷石が陥没していて、夜間の歩行時に不慮の事故を起こしかねないので、至急に修理して欲しい。」陳情を受けました。早速現場を確認し、市まちづくり部道路河川課に連絡をとりました。担当職員が現場に急行。現場を確認し敷石の陥没を直して戴きました。この歩道は墨坂中学校、森上小学校の通学道路であり、朝夕は健康保持のために市民の皆さまがウォーキングを楽しまれる極めて利用者の多い歩道です。転倒事故が発生する前に、更に明日からの4日間の連休で、役所も休みになる前に対応されて補修工事を終えることが出来たと区民は感謝しております。


H25年境沢町歩道修理



関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zyusaburo.blog.fc2.com/tb.php/414-777fbc34
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)