FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
微笑ましい一時
宝珠の時を問われれば即して子育ての時と


低温サウナも20分ほど熱室に止まると体中から汗が吹き出る。この汗が何と清々しいものである。
瞑想に耽る者。マットを引き詰めて寝ている者。只管時計とにらめっこの者と様々であるが、人それぞれにサウナを楽しんでいる。

最近風呂で感じるのは、父親が幼女を連れての姿が多くなった。中には祖父が孫娘を連れてきているのかと思いきや、会話に・・・
「お父さんの傍においで!」
「お父さんたら!」
「お父さんはあがるよ」
そんなバカなどう見ても70を過ぎた前期高齢者と幼女のいでたちでしかない・・・。
然し、幼女はこの上なく幸せそうに
「お父さん」の後を歩いてゆくではないか。

愛しみあう父親の姿と、父親を信じきったあどけない娘の会話は楽しそうだ。
私はこの親子の光景をみて、遠い過ぎ去った子育てをしていた自分を懐かしく思い返していた。
子育てに一生懸命であった・・・
人生に老いての宝珠の時は、子育ての時ではないかと!

政治も同じである。政治の課題に真っ向から真摯に取り組み、何事にも臆せず突き進む気力がすべてであろう。
歌を忘れたカナリヤは、カナリヤではない。



ハナカイドウ



関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zyusaburo.blog.fc2.com/tb.php/411-be570507
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)