FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
時代を経ての名物はその地方の文化である
伊那谷の名物おたぐり

伊那市に所用があって出張った。須坂市より高速で長野道から中央道を辿って1時間半を要する小旅行である。これが江戸時代であったならば往くに3日は要する距離であるが、現代社会の高速道路は日帰りも可能にする。

伊那市の地形は、天竜川を中心棒と据えての河岸段丘であり、扇状地須坂の坂と比肩する位の急坂の街である。善光寺平は千曲川の沖積平野部分があり平地が広いが、伊那谷はこの沖積平野部分が極々狭く将に「伊那谷」の名に相応しい。

馬肉はかって須坂の住民も盛んに食した。馬肉のすき焼きや「馬刺し」は、私も幼い頃から口にし大好物である。「馬肉」は最近はスーパー等では見かけなくなっているが寂しい限りである。「おたぐり」は馬の腸のモツ煮であるが、この文化は北信地方には育たなかったものである。旨いと噂には聞いていたが、今回訪問する機会を得たので、先ずは「おたぐり」を食することを所望したが、人生六十余年にして予ねての願望が叶った次第。「なるほどこれがおたぐりか」と何の抵抗もなく口にすることが出来た。旨い!伝統名物と言われるだけのものがある。将に伊那谷の文化と言える。


信州伊那の名物・おたぐり


岡谷市の湖畔に近い、岡谷健康福祉施設「ロマネット」を訪ねた。ローマ風呂をイメージした円形の大浴場で、適度の深さがあり、浴槽は掛け流しが入浴していて気分が好い。泉質は低張性弱アルカリ性高温泉とかで皮膚がすべすべした。施設は決して大規模なものではないが、施設の内容が極めてコンパクトでありながら充実していた。利用者は高齢者が7割、壮年が3割か。平日のこともあってか利用者は常連である気配であった。

施設の脇を流れる川堤に植えられた桜が満開であり、多くの市民が桜観されていたが、桜吹雪は浴びてて清々しい風を感じた。


岡谷市ロマネット脇の桜堤

岡谷健康福祉施設・ロマネットへワープ

関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zyusaburo.blog.fc2.com/tb.php/406-10876e36
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)