FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
火災現場に赴く
火事は怖いもの

真夜中に、市内で火事が発生したことを告げるメールを受信した。
陽が昇るを待って現地に行こうとするが、諸般の事情があって10時過ぎとなってしまったが、漸く火災現場に訪れることが出来た。無残にも全焼で原形を留めない。

最近、当市は火事が続く。厳寒ゆえに暖房が欠かせないこともあるが、「火は人が目を離すと勝手に燃えるから目を離すな!」と、幼い頃釜戸の火番を命じられた時に言われたことを今でも忘れない。

人類は他の動物と違い、遠い昔に「火を利用する」ことが出来た。これによって人類は飛躍的に暮らし向きが発展したが、どんなに時代が便利になっても、火事は後を絶たない。油断すると命まで奪われてしまう。

江戸時代の武士も火事を怖れた。女房に「一筆啓上 火の用心 お仙泣かすな 馬肥やせ」の現代に残る手紙を出している。火は便利であるが油断が出来ない怖いものであることを忘れてはなるまい。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zyusaburo.blog.fc2.com/tb.php/386-70abf566
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)