FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
4会派は市民の表現の自由の確保に努めます
第9回・議員有志による議会報告会における意見発表記録 (2)

 議員有志による議会報告会(4会派合同議会報告会)は、1月26日午後1時半より、メセナ小ホールにて凡そ40名の参加者を得て開催いたしました。今回は市民の皆さまに、①最終処分場問題、②須坂温泉のあり方、③農業振興対策事業についての3課題について、自由にご意見を述べて頂きました。概要は須坂新聞紙上に2月2日は記事として「最終処分場」の発言を、2月9日は広告記事として、「須坂温泉のあり方」と「農業振興対策事業についてのご意見の概要を掲載しました。当日の意見発表の全内容の録音からテープ起こししたものを、そのままお示しします。(テープ起こしの際に誤字・脱字等があるかも知れませんが、どうかご容赦ください。)

〇「須坂温泉のあり方」に対する市民のみなさんのご意見です。

 〇谷内さん(境沢町)
 湯っ蔵んどが問題になったとき、設立から約10年間分の資料をいろいろな形で勉強して、どこに問題があったのか、どうすべきかと言うのを研究したり、いろいろなことを言ってきた。最終的にはほとんど無視された。

 須坂温泉については、須坂市が株を半分以上持っています。すべて須坂市でやれば決定ができる。一番希望したいのは、須坂のまちで気軽に利用できる温泉旅館、温泉施設としては古城荘しかない。湯っ蔵んどは宿泊ができません。須坂温泉は市民が投資をしている。市の方から要望されて株を購入した。須坂市が一番大きな問題を提起している。市長が言うように本物の宿泊施設という立場で見直しをするべきではないか。湯っ蔵んどは家賃や高額の修理は全部須坂市がやる。毎年多額の資金が導入されている。

 もう一つは湯っ蔵んどは、設立の当時はふれあい健康センターという立場で高齢者の問題、障がい者の、福祉施設が中心になっていた。最近は観光と言う言葉が最初に出てくる。観光は二の次でいいと思う。しかも3年間契約が終わって、5年間また契約をした。ただで大きな施設を借りられるということは、どれだけ有利かと、これを逆に言うと、須坂温泉に適応できないものか。こういうことも考えるべきだ。

 それからもう一つは、設立の趣旨に沿って、本当に温泉、宿泊のある温泉は古城荘です。仙仁温泉という立派な世界に通用する施設もあるが、市民はなかなか利用できない。予約が多くて、簡単に市民は半年以上前に予約しないと使えないという状態であり、コスト的にも気軽にという所まではいかないと思う。もう一度須坂温泉とゆっくランドを含めて、どういう形がいいのか考える。これから高齢者が増えていく。それらの福祉施設ということも含めて、活用の転換を図るべきだ。

〇山口さん(屋部町)
 須坂温泉の経営を第3セクターという観点から見た場合、市が利益を目的とする第3セクターに関与するべきではないという考えで意見を述べます。というのは第3セクターで失敗している。ゆっくランドの経営がそうですね。市が株を75%持っている会社の経営を破綻させてしまった。それを今無償で貸与している。市の財産を無償で貸与せざるを得なくなっている。須坂市は一回経験している。

 同じように須坂温泉も第3セクターだ。市が出資している温泉宿だ。しかも50%以上ですから社長の任命権、取締役の任命権を持っている市の運営ということになっている。ただ湯っ蔵んどと経緯は違う。スタートの時は市民温泉という形でスタートしている。ゆっくランドの場合は第3セクターとして75%を市が持つということで、あとそこに参加している株主としては金融機関とか農協とかという形になっている。一般市民は参加していない。
 
 須坂温泉の場合はスタートは市民温泉で市民の出資によってスタートした会社だ。スタートのところで違いがある。永井市長の時に、増資の要請があって、それまでは50%以下の出資だった。その時点で会社経営、運営のところで資金の問題で支障があるということで、増資を引き受けて50%以上の株主になった。実はこの時、議会もかなりもめた。須坂市が50%以上もつべきではないという意見と、そうじゃない市民温泉なんだから、ここで破綻させてはいけないということで議会はかなりもめた。結果としては51%に近い株を市が持つことになった。第3セクターで市が権利を持つ会社になった。本来はやってはいけなかったことだ。これからどうするかという問題になると、市としてこのような温泉の経営はできない、できる体制ではないと思う。社長を派遣する、それじゃ市の職員を派遣する、残念ながら市の職員の中で、会社の経営にたけている方、決算書が読めて、決算が自分でできる方が、そんなに沢山いるとは思えない。

 市が経営するのではなくて、一回民間に投げてみることが必要ではないか。50%の市の株をどこかの民間で引き受けてくれるところがあれば、それを外に出す。その時に株の値段の問題でもめるかもしれないが、1億3千500万円の総株数ですよね。そのうちの50%ですから7000万円くらいですか。この7000万円で売るということを考えずに、極端にいえば無償で経営をやってくれる方がいて、その人が適切な方であれば、市としてはその株を無償でも提供して、経営をお任せするということを考えた方がいい。

 このまま引っ張っていくと、経営は難しいと思うので、私は市が大株主になって経営する施設ではないと考える。ただ問題になるのは土地が85%借地であるということで、会社の財産として売却できる、売却の対象となるものがないということが買い手との交渉で問題になるところで、あまり価格にこだわらずに外に投げてみることを検討することだと思う。

〇藤沢さん(明徳町)
 第3セクターでいくのか、それとも民間に丸投げして売っちゃうのか、売るとしても2億円も借金があれば、なかなか買う人もいないし、社長の交代と言っても誰もやる人がいないと思う。須坂市としては須坂温泉をどうしようと考えているのか。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zyusaburo.blog.fc2.com/tb.php/377-c7bb81ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)