FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
虚心坦懐
人生晴れたり曇ったり

この数日間はめまぐるしく時間が流れた
この時期に人は甘言に意志の弱さや我欲が曝け出す
甘言はある日突然日ごろの付き合いの無き者からもたらされる
もたらすものは人心を惑わし誑(たら)し込む魔物なり
凡夫は徒に甘言に心動かすこと勿れ

私はこの時期になると決まって南洲公の
「幾度か辛酸を歴て志し始めて堅し
丈夫は玉砕すれども甎全を愧ず」を反復する
不思議と心落ちつきて 初志に迷いなく
丈夫は正道を歩むことの大切さを戒める

こと人選びに邪な思いや誑し込みは許されぬもの
潮(しお)は必ず干(ひ)きて砂浜に何が露わるるかを
砂浜は姑息な駆け引きの全てを曝け出し
これを掻き消すこと決して能わず

而して
人と人との心は糾える将に縄にて候らわば
故に信と義にて糾える縄でありたきものぞ
人生晴れたり曇ったり これぞ楽しきものなり
心煩うことなくば 日々構えて過ごすこともなきものぞ

いうなれば漁夫が言う
 滄浪之水清兮 可以濯吾纓  
 滄浪之水濁兮 可以濯吾足
に尽きるものかなと・・・


関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zyusaburo.blog.fc2.com/tb.php/374-f905774d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)