FC2ブログ
プロフィール

佐藤 壽三郎

Author:佐藤 壽三郎
1947年8月生まれ

趣 味 囲碁・歴史考察・墨書

最新記事

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最新トラックバック

QRコード

QR

千曲のかなた: 須坂市議会議員 佐藤壽三郎
「千曲のかなた」の由来は、郷土が全国に誇れる大河 「千曲川」と、千曲川のかなたに連なる信濃五岳、北アルプスや四方の山並を超えて遠望する私のねがいです。  「千曲のかなた」を通じて私は故郷から巣立った青年たちに熱いエールと郷里の情報をおくり続けます。「ふるさとは永久に緑なりき」と・・・
異常気象
日本列島大寒模様

今朝の気温は-8.5℃と今冬二度目の-8℃を下回った。流石に寒いと思いきや上には上がある。今朝の北海道上川地方・江丹別では何と-29.7℃とか。昨夜のNHK「深夜便」でのワールドネットワークでは、モスクワ在住の日本人の女性のレポートであったが、「モスクワは-28℃でほどほど生活がやだくなる。市内の名の通ったレストランのトイレが凍っていて使えなかった・・・」等の内容の話であったが、嘘みたいな本当の話がと聞いていたが、これでは北海道もモスクワも変わらない酷寒地帯だ。

信州・須坂も22日の夜半、霰(あられ)から雪になったが、大晦日前後の降雪に慣れている私は聊か面喰っている。私だけでないこの辺りに居住する住民は一様に思っているに違いない。大寒が1ヶ月前倒しされたような気がするからだ。ストーブも唸りをあげてフル回転であるが、室温は設定温度に満たないでいる。

今朝のTVレポートでは、信州・小谷村では大雪が降ったが、村に住み続ける老人は「大雪が降ったことでは驚かない!」と語っておられた。80年も小谷村で生活してきた自信であり、雪が降ったぐらいでたまげていれるかの心のゆとりは、実に頼もしくおおらかだである語りであった。

「自然に馴染む」ことは最善の生き抜く手立てである。所詮自然に逆らってもそれは一時の話と言える。北アルプスの夏場の残雪を見ても気温がおかしいと感じていた。然し解せないのは南極の昭和基地に雨が降った報道である。夏を迎えようとする南半球と厳寒を迎える北半球の違いは分かるが、昭和基地に雨がふる珍事は、はなぜか地球の異常とも異変とも感じてならない。



関連記事
スポンサーサイト




コメント

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


トラックバック
トラックバック URL
http://zyusaburo.blog.fc2.com/tb.php/342-514991a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)